大事な試合の打席で考えるべきこと


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

高校野球の夏の大会が
各地で繰り広げられ
連日熱戦の模様が伝わってきます。
私もサポートしているチームの
試合を何度か応援しにいきました。

そんな試合を見ていて思うことは
打席に立った時に選手一人一人が
何を考えて打席に立っているのか?
ということです。

守備や走塁と違い
バッティングには好不調が
出やすいものです。
大量得点した次の試合に
無得点で負けるということも
よくあることです。

また一発勝負の夏の大会の場合
メンタル面も大きくバッティングに
影響を及ぼすため
一度劣勢になると思うように
バッティングができない場合も
あるのです。

しかしそんな中でも
一人一人が冷静に状況を分析し
打席で自分のできる仕事を
こなすことができれば
チームの勝利に繋げることが
できるでしょう。

今回はそうした
大事な試合の打席で
何を考えるべきかを
考えていきましょう。

まず考えるべきことは
試合状況です。

負けている状況なのか?
勝っている状況なのか?
試合は序盤なのか?
塁状況。アウトカウント、
試合の流れ

これらを整理してみると
自分がまずしなければ
いけないことが見えてきます。

例えば負けている中盤戦であれば
何が何でも塁に出る必要があるでしょう。
もちろん勝っている場合でも
投げれが悪かったり単調な攻めになっている
と感じれば流れを引き寄せるために
塁に出る必要があります。

では次に塁に出るために
何を考えるのかというと
自分の実力とその日の調子
さらには相手ピッチャーの実力と
調子です。

まず自分の実力と相手の
実力を考えた時
どれくらいの確率で
打つことができそうかを考えます。
その判断材料となるのが
その日の自分の調子です。
これは感覚的なものでも
前の打席の結果で考えても
構いません。

調子が良く相手のピッチャーも
連投で球威がないと感じれば
積極的に打ちにいくことも良いでしょう。
またそもそもチームが勝っている
押せ押せの状況では自分の打力に
かけてもいいと思います。

しかし相手の実力や調子
自分の実力や調子を比べてみて
今日は打てそうにないと感じたら
あなたならどうしますか?

おそらくこの分析すら
打席でできていない選手が
ほとんどですが
このように感じることができる
優秀なバッターの場合
様々な工夫を試みます。

まずオーソドックスな方法は
バットを短く持ちミート率をあげること

次に自分の前の打席結果から
配球を予測し狙い球を絞る

さらに守備体系を見て
ヒットを打てそうなゾーンを探る

最後の手段としてフォアボールを狙う

このように色々な
方法を取ることができます。

試合を見ていると
多くの選手がこの分析をできずに
何打席もまさに無謀とよべる状態で
同じように打ちにいってアウトに
なってしまっています。

私も高校生の時こうした分析が
できていたかというと
おそらくできてはいませんでしたが
同じような失敗をチーム単位で
繰り返していれば劣勢から
試合をひっくり返すことは不可能でしょう。

取り返しのつかない
点差で終盤戦を迎える前に
中盤戦からチームの打線として
打席での戦い方を変えることができると
得点のチャンスは広がっていくので
是非とも頭にいれておいて欲しいと
思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です