野球の進路について〜中学生へ②〜


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

前回は中学生へ向けて
高校を選ぶための考え方として
高校卒業後の進路も視野に入れて
考えることをお伝えしその中でも
高卒でプロに行くためには
ということをお伝えしていきました。

今回は高卒プロではなく
その先の野球に進むケースを
お伝えしていきます。

プロ野球をまだ目指していても
プロ志望届を提出せずに
大学への進学や社会人野球を
希望するケースもあります。
またもちろんプロになれるかは
分からないが大学でも野球を
続けたいという選手もいることでしょう。

実際に大学野球や社会人野球で
才能が開花するケースもあるので
私は高校のその先でも野球を
続けるべきだと思っています。

そうした場合も
進学方法は様々です。
甲子園で好成績を収めている
もしくは大学との関係で進学実績が
ある場合強豪と呼ばれる
東京六大学野球や
東都大学野球のチームなどから
推薦入学の話を得ることができるでしょう。

また大会では成績を残せなかったものの
選手として高い能力を持っていれば
大学のスカウトの目にかかったり
セレクションにより入学を認めれれたりします。

しかしながらこのように野球で
進学を決められるのは
全国的に見てもごく一部の
優秀な選手だけです。

その他の選手は一般受験による
入学が必要です。
この場合高校野球をやりつつも
希望の大学へ進学するために
普段の勉強が必要となります。

そのための選択肢を広げたければ
そもそも学力の高い高校に進学しておき
大学への指定校推薦や一般受験を受ける
という考えや
高校受験の段階で大学の付属高校に
進学しておくこと必要です。

(ちなみに私は
中学1年生の時には
東京六大学で野球をしたいという
希望があったため
その付属高校の受験を受けるために
勉強をしていました。)

しかし強豪大学の場合
一般受験による入部は認めていない場合も
あるので注意が必要です。

さらに特殊な例ではありますが
高校卒業後に社会人野球へと
進む選手もいます。
(基本的には大学卒業後
に進む場合が多いです)

社会人野球に進むには
もちろん相当な実力が必要です。
なぜならば
大学野球の場合一部の選手を除いて
学費を払ったり部費を払ったりして
野球をやりますが
社会人野球の場合
仕事として給料をもらって
野球を行うからです。

そのため
プロ野球と同様
社会人野球チームから
声がかからない限りは
入部することすら認められません。

もちろん企業によっては
野球引退後も社員として残ることは
可能ですが高校から社会人野球に
進む選手はプロ入りを
目指しているケースが多いです。

「それでは大学へ進めばいいのではないか?」
と思うかもしれませんが
高校から社会人野球に進む
メリットも多くあるのです。

まず給料がもらえるということ
そして社会人に進んだのち
最短で3年後にドラフト指名の権利を
得ることができるからです。

大学に進んだ場合は
4年間は部活に所属することになるので
1年間早くプロに行ける可能性が
出てくるのです。
(大学から社会人に進んだ場合は
2年後にドラフトが解禁されます。)

また大学生の場合は
基本的に勉強をする必要が
ありますが
社会人野球の場合
仕事として野球を行います。

その為平日であっても
午前中は仕事を行い
午後からは練習を行ったり
大会が近づくと一日中野球の
練習をしたりします。

その為より野球に専念ができる
という点では社会人野球の方が
プロを目指しやすいかもしれません。

もちろん
大学には大学進学のメリットがあります。

・社会人野球は少数精鋭のため
同学年が少ないですが
大学野球の場合多くの
同期や先輩後輩との人脈を作ることが
できる。

・野球を続けなくても
大学卒業という学歴は残るので
就活をすれば色々な仕事を
することができる。

・有名な大学に行けば
プロのスカウトの目にもかかりやすい。

社会人野球の場合は
入社した会社の仕事もしくは野球
と選択肢が少し狭まってしまいますが
大学野球の場合は野球を続けながら
様々な可能性を広げることができます。
もちろん大学野球卒業後に
社会人野球へスカウトされるケースも
あるので大学に進学してからでも
遅くはないと思います。

この他にも
大学に通いながら
硬式のクラブチームに所属したり
独立リーグで野球を続ける
というケースがあります。

環境的には大学や社会人の企業チームと
比べると厳しいものがあるかもしれませんが
最近では多くの独立リーガーがドラフトで
指名をうけています。

このように
高校卒業後のことを
考えていくと
様々な選択肢があることが
分かったと思います。

そしてこの選択肢は
進学する高校や高校への
入学の仕方によっては
選択肢が狭まってしまいます。

高校野球に全力を注ぐ
という考え方も好きですが
是非ともその先の進路も
視野に入れた高校選びを
考えてみても良いのでは
ないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です