野球の進路について〜中学生へ①〜


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

前回は小学生から
中学生に上がる選手へ向けた進路
(チーム選び)についてお伝えをしていきました。

今回は中学生へ向けた
進路の選択肢をお伝えしていきます。

中学校まで野球を
やってきた選手にとって
高校でも野球を続けたいと
考えている選手は多いことでしょう。

そしてなんとなく
「この高校に入りたい」
という希望もあると思います。
また逆に高校野球は続けたいが
どこに行けばいいかわからない
という選手もいると思います。

そうした選手もこれをきっかけに
進路について考えてみて
いただければと思います。

まず高校へ入学する選択肢は
①野球推薦による入学
②附属中学からの内部進学
③一般受験もしくは一般推薦による受験
この3種類があります。

①野球推薦の場合は
中学校のチームで良い成績を
納めたり選手個人としての
魅力があれば高校の野球部からの
スカウトがあり
野球で推薦入学をすることができます。

もちろん野球推薦といっても
強いチームから野球部に力を入れているが
普通のレベルのチームまでたくさんあります。

また学校は強いがそもそも
野球推薦で選手をとっていない
という学校もあります。

②附属中学校からの内部進学の場合は
学校の成績さえしっかり取れていれば
そのまま高校へ進学することができます。
しかし高校が強豪校の場合
内部進学からの入部を認めていない
という場合もあります。
その理由は高校野球部員を
少数精鋭でたくさん練習させるため
推薦入学で入ってきた優秀な選手だけを
入部させるためです。

その為
なんとかして野球を続けたい
という選手はあえて他校を受験する
というケースもあるそうです。

③一般受験、推薦受験の場合
強いチームでも一般受験しか認めていない
というチームも全国には多くあります。
その場合は中学野球をやりつつも
その高校の受験にしっかり受かるだけの
勉強をしておく必要があります。

強豪校から野球推薦の話はきていても
希望の高校では無い為
あえて一般受験でその高校を受ける
という選手も多くいます。

これらの選択肢がありますが
総じて考えてほしいことは
高校卒業後にどうしたいのか?
ということです。

多くの選手は
まず高校野球に全てをかけて
3年間を過ごします。

甲子園を目指して
そこを狙える高校を選ぶ
もしくは自分がいきたいと思っている
高校で強豪校を倒して
甲子園を目指す。
それも大切なことだと思います。

しかしその後必ずといっていいほど
大学への進学の問題が出てきます。

そこでまた2つの選択肢が
あなたには生まれてきます。

①高校卒業後も野球を続けるか?
②本気の野球は高校で終わりで
草野球などをするか?

これによっては
高校選びにも入学方法にも
大きな変化が生まれてくるでしょう。

例えば
高校卒業後もトップレベルの
野球を続ける場合はここでも
多くの選択肢があります。

①プロ野球へ進む(海外も含める)
②大学野球へ進む
③社会人野球に進む
④硬式クラブへ入る

まずプロ野球へ進む場合
これはあなたもご存知かもしれませんが
プロ野球のスカウトから注目を
されておりプロ志望届けを提出し
ドラフト会議で指名を受けることで
初めて実現します。

つまり「行きたい」といって
行けるほど甘い世界ではなく
とても東大にいくよりもはるかに
狭き門となっているのです。

プロの指名にかかるためには
やはり強豪校へ進み
激しいチーム内競争を勝ち抜き
レギュラーを勝ち取り
活躍をしていくことが
一番手っ取り早いですが

無名校であっても突出した能力が
あれば誰でも指名を受けることができます。

つまり実力が全てということです。

ですがプロに行けるかどうかわからない
ボーダーラインにいる選手にとっては
ある程度運も必要です。
その運を勝ち取るためには
やはり甲子園での活躍が不可欠でしょう。

甲子園の活躍次第では
スカウトの評価も変化し
ボーダーランから抜け出したり
上位指名を受けたりできる可能性も
広がります。

次回は残りの高校卒業後も
野球を続ける場合の
高卒プロ以外の選択肢について
お伝えをしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です