野球の進路について〜小学6年生〜


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

甲子園に向けて
全国各地で熱戦が繰り広げられて
いますが

夏が終われば
高校3年生にとっては
次のステップに向けた
進路について考える必要が
出てきます。

もちろん
小学6年生や中学3年生にとっても
これからの進路というのは
とても大切になってくるでしょう。

そうした進路について
今回はまず小学6年生に向けて
情報をお伝えしていきたいと思います。

小学生から野球を
始めたという選手が多いと
思いますが
そうした選手にとっては
兄弟などがいない場合
今所属しているチームのこと
しか知らないと思います。

そのため
中学生で野球を続けるにあたり
どのような選択肢があるのかを
現段階では知らないという人も
多いのではないでしょうか?

そうした方へ
まず選択肢として
考えられることを伝えていきます。

①中学校へ進み中学校の部活に入る

公立でも私立でも野球部がある
学校であれば野球を続けることができます。

中学校の部活は基本的には
少年野球と同じく軟式球を使います。
(ボールはJ球からM球へと変わります。)

中学校の部活の場合
野球部に力を入れている
チームであれば有意義な
3年間を過ごすことができますが
・部員数が足りない
・顧問が野球未経験
・グラウンドが無い
などの問題がある場合も考えられるので
事前に調べておくとよいでしょう。

もし高校野球を見据えて
中高一貫の学校を受験する場合も
高校は強いけど中学は弱い
という可能性もあります。

また高校野球部は
推薦で選手をとっており強いため
中学の野球部からは入部を認めていない
というケースもありますので
事前に調べておきましょう。

もちろん
中学校のチームも強く
そのまま内部進学で高校も
強いというチームもあります。

②中学校に通いつつ部活には入らず
外部のクラブチームに所属する

最近では中学の野球部が
大幅に減少していることから
以前に比べると
部活には入らず
週末などに外部のクラブチームへ
所属するという選手が増えてきたように
思います。

学校の部活とは違うので
入団を希望すれば
入団試験を設けているチームも
少ないので基本的には
誰でも入団をすることができます。

ただクラブチームといっても
硬式球で試合をする
・シニアリーグ
・ボーイズリーグ
・ポニーリーグ
・ヤングリーグ

その他
軟式球で試合を行うクラブチーム

など様々な団体がありそれぞれ
別々の組織として運営がされています。

硬式のクラブチームで野球を
続けるメリットは、、、

・高校野球で使用されている
硬式球に早いうちから慣れることができる。
・高校のスカウトの目にかかりやすい

さらに公にはされていませんが
強いチームの場合
高校とのつながりが古くからあり
毎年のように同じ高校へ
推薦で選手を輩出しています。

もし希望している高校へ
いきたいのであれば
クラブチームの卒部生の
進路を調べてみるとよいでしょう。
(もちろん一般受験で
進学している可能性もありますが)

希望している高校が強豪校の場合
一般受験でその野球部に
入ろうとしても推薦の選手以外
入部を認めていないという可能性もあります。
その場合は
その高校への進学実績がある
強いクラブチームに入り
試合に出て高校のスカウトに
アピールをしていくことが
一番の近道となるでしょう。

軟式のクラブチームで
野球を続ける場合のメリットは
中学校の部活では無いので
指導者が野球未経験という心配は
まずありません。

またチームによってはやはり
かなりレベルが高いところもあります。

中学校から硬式を始めた方が
有利では無いのか?
と考える人もいるかもしれませんが
そんなことはありません。

プロ野球に進む選手を見ても
中学校では軟式野球をやっていた
という選手も多く
日本代表を見ても
投手の半数以上は中学校時代は
軟式野球をやっていたというデータが
あるほどです。

そうしたデータから
投手の場合中学校までは
体に負担の少ない軟式球で
野球をやった方がよいのではないか?
という意見も最近ではあるようです。
(チーム選びは重要ですが)

以上が中学校でも野球を
続けたいという選手の
大まかな選択肢になります。

中学校まで野球をやるという選手は
高校野球を目指しているという選手も
多いと思うので
高校進学を見据えた
中学校のチームの選択も
必要になってきますが

まず第一に大切なことは
その選んだチームで
自分がどう成長できるか
ということだと思います。

・野球のレベルアップ
・人間性の向上
・勉強との両立
・信頼できる指導者との出会い

また厳しさの中でも
楽しく野球ができるのか?
というのも重要だと思います。

中学校の3年間という貴重な
時間を過ごす場となるので
慎重に選び後悔の無い選択を
しましょう。

次回は中学生3年生の進路ついて
お伝えをしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です