新ルール「一塁への盗塁」とは?part2


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

前回
今後導入されるかもしれない
一塁への盗塁についてお伝えしていき
導入された場合の影響について
考えていきました。

まず考えられることとして
投手と捕手の負担が
増えるということを前回伝えました。

今回はその続きとして
その他に考えられる
ことをお伝えしていきます。

その他に考えられることとしては
バッターによって一塁への
盗塁をするかどうかをあらかじめ
決めておく必要があるということです。

例えば
足が速く出塁率の高さや
得点を多くしたい選手にとっては
一塁への盗塁は有効でしょう。
しかし長打やホームランを狙える
打者がワイルドピッチがあったからといって
全て一塁への盗塁を試みることは
得策とは思えません。

そうなってしまうと守備側にとっては
状況によってはむしろ一塁への進塁で
済んでラッキーと捉えるかもしれません。
また足の遅いバッターであれば成功の確率が
低いためスタートの判断は難しくなることでしょう。

さらには誰でもワイルドピッチで
スタートを切ってくれるのであれば
守備側としては勝負を避けて
あえてワイルドピッチを投げて
一塁への盗塁を阻止するような
トリックプレーをしてくるかもしれません。

こうした相手側の動きに
惑わされないためにも
あらかじめこのバッターは
一塁への盗塁を行う
このバッターは行わないということを
決めておく必要があるでしょう。

ただし
相手の投手のレベルによっては
ヒットを打つことが難しいとなれば
それも変える必要があるでしょう。
さらには
・球場の条件
(狭い球場でもやるのか?)
・相手捕手の肩
・カウント
(0ストライク2ボールでも仕掛けるのか?)
・アウトカウント
・塁状況
(一点がどうしても欲しい終盤
2死ランナー3塁にいてワイルドピッチが
あったら自分がアウトになるリスクが
あっても盗塁をするのか?)

これらも一塁への盗塁を
するかどうかの判断材料と
なってきます。

おそらくこれらを
瞬時に判断することは
不可能でしょう。
そのため試合前からあらかじめ
この場合はこうするというミーティングを
する必要があると思います。
実際にルールが採用され
試合が多く行われていけば
そうしたこともセオリーとして
マニュアル化されていく可能性もありますね。

いずれにしても
このルールが適用されるとなると
野球は大きく変わっていくことでしょう。
個人的にはなくても良いルールだと
思いますがあなたはどのような意見でしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です