少年野球で大切にしてほしいこと2


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

前回は少年野球で大切にして
欲しいこととして
まず野球を好きになってもらうこと
次に怪我をさせないことや
基礎的な知識や技術を教えることを
伝えていきました。

そして最後に必要なこととして
勝敗があります。

やはり野球をやる以上は
勝ち負けがつきものです。
ですが少年野球において
その優先順位は
あまり高くはありません。

勝利は確かに大切です。
しかしそれ以上に選手の
将来性の方が大切です。

もし勝利だけを
優先するのであれば
簡単です。

毎日チーム練習を行い
徹底的に練習をさせることです。
おそらく本当にそれだけで少年野球は
ある程度勝ててしまうでしょう。

ですがそこには子供の自主性は
ありません。
チームが変わればやらされることに
慣れているので自ら練習をすることはないでしょう。

また、野球だけを毎日やるには
小学生の体は持たず体に負担がかかり
怪我をしてしまいそれが選手生命を縮める
結果となるかもしれません。

それだけではなく
色々な神経が磨かれていく
成長期である子供の時期に
他のスポーツやスポーツ以外の
体験をさせるチャンスを奪うことは
野球の将来性を逆に奪ってしまったり
野球以外の将来性を奪ってしまったり
することにつながりかねません。

つまり何が言いたいかというと
少年野球では勝利を目指すことは
大切ですがその優先順位はとてつもなく
低いということです。

それにも関わらず
なぜ勝利のためにと
大人がやりすぎてしまうのかというと
先の世界を知らないからです。

本当に野球の知識や高いレベルでの
野球経験がある人であれば
少年野球で全国優勝を目指させることは
しないでしょう。
それは自身の知識や経験から
小学生のうちからそんなに
全てをかけて頑張る必要が
ないことを知っているからです。

しかし自分が野球をやっていないが
子供が初めて野球を始めた場合
少年野球が全てとなってしまい
将来を考えずに
ついやらせすぎてしまうのです。

勉強であれば小さいうちから
頑張れば中学・高校・大学と
良いことしかないでしょう。
しかしその感覚で野球を
やってしまってはいけません。

これは非常に危険な状態ですが
残念ながら多くの少年野球チーム
無知ゆえにこの状態に陥ってしまっています。

こうした状況を打開し選手を
守っていくためには
海外のサッカークラブのように
小学校から高校生までの
一貫した育成制度が必要かもしれませんね。

いずれにしても
子供の将来性を守って
あげるためにも
少年野球における勝敗の
優先順位を下げてあげることは
大切だと思います。

夏休み限定
短期パーソナルレッスンを
開催いたします。
期間7月15日~9月10日↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です