少年野球で大切にしてほしいこと1


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

多くの人にとって
野球の入り口である
少年野球

ここでどのような経験や体験を
するかによって
その選手の将来を
大きく左右することとなります。

その将来とは
中学生でも野球を続けるのか?
怪我をせずに今後も野球ができるか?
高いレベルで野球ができるか?
自分が大人になった時に
野球の経験を活かすことができるか?

といったように
様々なことに関わってきます。

例えば
少年野球で野球をプレーするのが
嫌いになりやる気がなくなってしまえば
中学校で野球はやらないでしょう。

ここで注意していただきたいのが
野球が上手かったり、チームが強かったり
すれば必ずしも野球を好きでい続け
中学でも野球を続けるという訳では
ないということです。

試合に出ていたとしても
理不尽すぎる仕打ちや
暴言や罵声さらには暴力を
振るわれてしまえば
そこから解放されたいと
思うのが普通だと思います。

逆に試合に出れていなかったとしても
楽しく野球が出来れていれば
また中学でも続けたいと思うことでしょう。
実際に少年野球で試合に出れていなくても
野球を続けていればどこかのタイミングで
成長のきっかけが訪れ選手として活躍することも
あるでしょう。

ですので野球を好きになってもらうことが
少年野球においては第一に大切なことです。

また怪我をさせない基礎を
作るのも少年野球においては
大切です。

野球に怪我はつきもの
という考えもありますが
投げ過ぎなどの怪我は
防ぐことができます。

また体の柔軟性や
運動神経を高めることによって
様々な怪我のリスクを抑えることが
できます。

そうした知識は子供には
ないので怪我をしないための
体づくりやフォームづくりを
してあげるのも野球の入り口である
少年野球の役割になると思います。

こうした
野球を好きになってもらうこと
怪我をなるべくさせないことを
満たした上で必要になるのが
選手としてのレベルをあげてあげることです。

このレベルとは
バッティングに基本や投げ方の基本
さらには守備の基本や走塁の基本を
高めてあげることです。
ここで悪い癖がついてしまうと
そこから中学生や高校生になって
修正をかけていくのは意外と
難しかったりします。

そのため少年野球とはいっても
ある程度基礎となる動きだけでも
教えることができると良いでしょう。

またそのほかにも
守備における状況判断や連携、カバーリング
走塁の判断力などは少年野球のうちに
押さえておきたいポイントです。

こうしたことは
エラーをした、ヒットを打てなかった
フォアボールを出してしまった
ということ以上にやるべきことだと
思います。

次回は優先順位は低いですが
最後に必要なことをお伝えいたします。

夏休み限定
短期パーソナルレッスンを
開催いたします。
期間7月15日~9月10日↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です