ゴミ拾いとチーム力の関係


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

あるチームが大会で
好成績を納めた時

「なぜ好成績を納めることができたのか?」

といった質問が必ずと言っていいほど
あります。

・投手力の向上
・打力アップ
・走り込みの成果
・周りの協力
など
チームによって様々な回答が
あると思いますが
そうした回答の中でも
よく耳にするのが
清掃活動などの社会に
対する奉仕活動です。

一見こうした奉仕活動を
好成績の要因としてあげるのは
間違っており、先ほど挙げた
投手力や打力の方が直接的な
原因ではないかと
思うかもしれません。

しかしこうした奉仕活動を
するチームは全国的にも
増えてきており
実際に奉仕活動を始めたことにより
チームの成績がよくなった
というチームが多いのです。

ではなぜこのように
一見関係がなさそうな
奉仕活動と野球の結果が
結びつくのでしょうか?

まず最初に断っておくと
奉仕活動をする=野球が上手くなる
ということではありません。

当然ですが奉仕活動ばかりしていて
野球の練習をしなければ
野球は上手くならず強くなることも
できないので
奉仕活動をすれば強くなるから
奉仕活動だけをしようというのは
少し見当違いだと思います。

だとすれば奉仕活動には
どのような効果があるのか?

それは
メンタル面への影響があると考えられます。

例えばですが
奉仕活動として地域の周りの
ゴミ拾いを行なったとします。
そうした行動をした人が
自らだしたゴミを道端に捨てる
ということをするでしょうか?

おそらくそうしたことは行わないでしょう。

これは奉仕活動を通して
自分の中で判断基準が作られ
その後の行動が変わっていく
という典型的な例です。

もちろんゴミ拾いでなくても
構いませんが
誰かのために何かをする
誰かの役に立つ行動を
していくことで
自分の中の判断基準や考え方が
変わっていきます。
これにより謙虚な心は育まれたり
チームに対して貢献しようとする気持ちが
変わっていきます。

こうして気持ちが変われば
次に変わっていくものは行動です。

謙虚な心から
練習に取り組む姿勢や態度が
変わっていき
また「チームのために」と
一人一人が行動をすることが
できてきます。

行動が変わってくれば
最後には結果も徐々に変化していきます。

今まで練習に身が入っていなかった
ただなんとなく練習していた
というチームが練習に取り組む姿勢や
行動が変化していき
そこで初めて
投手力が上がり、打力が上がり
チームの士気が高まっていくのです。

話をまとめると
奉仕活動をする→チームの結果が良くなる
のではなく
奉仕活動→考え方が変わる
→行動が変わる→チーム力が上がる
このような段階を経て
チームの結果が良くなって行くのです。

一見関係ないように見える
活動もチームが勝つためには
必要だったりします。
あなたもできることから
何かを初めてみては
いかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です