感情のコントロールと切り替え


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

試合でミスをしてしまうと
その試合中ミスが続いてしまう
ということがよくあります。

こうしたことは
単にミスが重なったという
偶然の結果と捉える見方も
ありますが
多くの場合はメンタル面に起因して
いることが多いでしょう。

一度ミスをしてしまったことで
メンタルが沈みそれを引きずって
何をやっても上手くいかない、、、

またこうしたミスはチームメイトにも
伝染してしまうことがあるので
そのままにしておくとチームとしては
非常に危険な状態となってしまうでしょう。

しかしこうした感情のコントロールは
とても難しいものでましてや
小学生や中学生、高校生であっても
難しいことだと思います。

ではどうすれば気持ちを切り替え
感情をコントロールすることが
できるのでしょうか?
その方法は大きく分けて2つあります。

1つ目は自分以外からの
声かけなどのフォローです。
ミスをしてしまった場合
大抵の選手は自分のプレーが許せない
というよりも
「味方に迷惑をかけて申し訳ない」
という気持ちや
「監督やコーチに怒られてしまうのではないか」
という感情に陥りやすいです。

その結果「次のミスは許されない」と
自分で自分を追い込み萎縮して
普段であればミスをしないところで
ミスをしてしまうのです。

そうなってしまわないように
ミスをした相手がいれば
フォローしてあげることが大切です。

過剰に気を遣う必要はありませんが
チームメイトとして言葉を交わすだけでも
気持ちの切り替えができることも
あるのでその選手に合わせた
言葉をかけてあげましょう。

最もミスをした後に
声をかけられると安心するのが監督
だと思います。

ミスをした後そのままでいると監督から
怒られてしまうのではないかと
不安になっている状態が続きますが
そこで一声だけでも
切り替えられるような言葉を
かけてあげられると
選手も気持ちがだいぶ楽になり
その後のびのびとプレーをすることが
できるでしょう。

もう1つの方法は
自らの力で感情をコントロールし
切り替えを行うことです。

実はこうした感情のコントロールも
トレーニングをすることができるのです。
いわゆるメンタルトレーニングと
呼ばれるものですが
そこまで難しいことではなく
普段からの取り組み次第で
簡単に行うことができるのです。

その方法の一つが
リフレーミングです。
これはマイナスの出来事を
頭の中でプラスに変換し直して
切り替えを行う方法です。

例えばフォアボールを
出してしまった場合も
マイナスな感情を引きずったままでいると
「次またフォアボール出したらどうしよう」
と考えてしまいそのまま本当に
フォアボールを出してしまうことでしょう。

しかしここで「フォアボール」
というマイナスをプラスに
リフレーミングします。
例えば
「フォアボールを出しても
点を取られなければいい」
「次のバッターをダブルプレーに
打ち取ればいい」

このように頭の中で
考えるだけでも
結果は大きく変わっていきます。

一流の選手の考え方を
聞いていると自然とこのような
プラス思考になっている場合が多く
気持ちが強い選手だと痛感しますが
何も特別なことではなく
トレーニング次第で誰でもできることで

仲間からの声かけを期待するのも
良いですができればこうした
メンタル面も自分の力で
コントロールしていきたいところですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です