バッター「1球目は様子を見る」という考え方は危険


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

サポートチームの試合を見ていると
初球を簡単に見逃してストライクを
取られてしまう選手がいます。

そうした選手に後で
なぜ見逃したのか?
と問いかけてみると
たいてい
「様子を見ようと思いました」
「狙い球ではありませんでした」
という言葉が返ってきます。

しかしそうした
「様子見」をした選手に
限って打席結果は悪く
簡単に2ストライクに
追い込まれた挙句
ボール球に手を出して三振や凡退を
してベンチに返ってきます。

反対に初対戦のピッチャーであっても
初球から積極的にスイングしていける
選手というのはとても
結果が良いことが多いです。

まず初球を見逃してしまう
選手に言いたいことは
打席において自分の打ちやすい
ボールはそんなに
簡単にやってこない
ということです。

そもそもストライクは3つ取られれば
三振になってしまい
2ストライクに追い込まれれば
厳しいコースに配球されるのが
セオリーであるため打者は不利になって
しまいます。

そのため良いバッターほど
速いカウントから積極的に
スイングをしていき
追い込まれる前に
ヒットを打っているのです。

プロ野球のデータを見てみても
2ストライクからの
打率で3割を超えているバッターは
まずいないでしょう。
(2ストライク時の打率が低いことは他にも
根本的な理由が存在しますが、、、)

それにもかかわらず
1球様子を見るというのは
贅沢な話だと思います。

様子を見ることが許される場面は
よほど相手が制球を乱して
四球を連発している場面や
データの少ない
投手がきた場合ぐらいでしょう。
(球種などを後ろもバッターに知らせるため)

それ以外の場合は
狙い球は絞っても良いですが
仮に狙い球が外れたとしても
ある程度打てるタイミング
打てるコースの場合はスイングを
しにいくことが大切です。

初球を振りにいき
空振りやファールなどで
打てなかったとしても
そのスイングはからならず
次のスイングにいきてきます。

なぜならば
それは脳からの指令が神経を伝って
体を動かすという一連の流れが
スムーズになっていくからです。

投手の投げる球にタイミングを合わせる
→脳が打てと体に命令を送る
→空振りもしくはファール

このように打てなくてもスイングをする
という経験により
脳はタイミングを学習し
同じボールがきたときの
反応が良くなっていきます。

これにより
2球目3球目の反応はどんどん
良くなっていくのです。
ファールで粘り続けるバッターが
最終的にヒットを打つことが多いのは
このことが原因だと考えられるでしょう。

(こうした反応が良くなることを
防ぐためにバッテリーは
球種やコース、緩急をつけて
タイミングをずらして打者の脳を
騙すことが必要になってきます。
これがいわゆる配球やリードです。)

見逃す場合でも
打ちにいって見逃すのと
全く打つ気がなく見逃すのでは
そのあとのボールへの反応が
大きく変わってきます。

プロ野球の世界でも
3割以上の成績を残すバッターは
狙っていないボールにタイミングを
合わせて打つ能力や
初球からスイングしてヒットを打つ能力に
長けています。

とりあえずの様子見は
打席においてほとんど
メリットがありません。
その理屈でいけば
3球連続で違う球種を投げられてしまえば
一打席はアウトが決まってしまいます。
そうならないためにも
初球からスイングする能力
そして狙い球以外をヒットにする能力を
高めていきましょう。

PS
バッティング練習などで
一球目に様子見のバントをしては
いませんか?
悪いとは言いませんが
実戦では様子見の一球はありません。
バッティング練習だからこそ
実戦に近いように
初球からスイングをしてヒットを
打てるように最初の一球を
大事にしてみてはいかがでしょうか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です