【守備】泥臭いプレーも時には必要


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

内野を守っているというあなたへ
あなたにとって守備で
大事にしていることは何でしょうか?

おそらく色々な考えがある中
共通することはアウトにできる打球を
しっかりとアウトにすることだと思います。

その中で正確性や速さ、
時には華麗さが
求められてきます。

最近ではメジャーリーグなどの
考え方も知識も入ってきたことで
以前に比べればランニングスローや
グラブトス、逆シングルに対する
指導者の抵抗感もなくなってきたため
そうした華麗なプレーを日本の高校野球
などでも見る機会が増えてきました。

こうしたプレーは
もちろん華麗なだけではなく
速さが求められるシーンでは
特に習得しておき実戦でも
使っていきたいプレーではあります。

しかしそれもやはり
時と場合によっては
プレーの選択を変える
必要があります。

例えば逆シングルですが
内野手の場合自分から
見て右側の打球に対して
逆シングルで捕球をすることで
体を一塁方向に残すことができ
送球がしやすくなったり
ギリギリの打球に対しては
正面に入るよりも
届く範囲が広がるため
守備範囲を広げる
というメリットがあります。

しかしながらやはり
どうしても正確性には
かけてしまうという
デメリットをなくすことは
できません。

プロ野球を見ていても
三塁手が逆シングルで三塁線の打球を
捕りにいきミスをして長打になってしまう
という場面をよく目にします。

打球が速すぎて間に合わず
止むを得ず逆シングルで捕りに
いった場合やランナーとの
タイミング的に逆シングルで
いかなければ送球が間に合わない
場面では仕方ありませんが
問題なのはタイミング的に
正面に十分に入れるにも
関わらず足を止めて
逆シングルでボールを
捕りにいってしまった場合です。

最近こうしたプレーを
よく目にしますが
成功した場合であっても
決して良いプレーだと
私は思いません。

それよりも
速い打球であっても
タイミング的に回り込める時には
正面に確実に入れる選手の方が
より堅実な選手と言えるでしょう。
また、状況に応じては
速い打球で捕球が難しい場合
後ろに抜かれて長打になることを
避けるために正面に入り体を使って
ボディーストップをするという
場面もあります。

体さえ入れておけば
長打を防ぐことができ
さらにボディーストップ
ボールを体の前に落とすことが
できればボールを拾ってからでも
十分にランナーをアウトにすることが
できるでしょう。

こうした泥臭いプレーは
最近では見ることが減りましたが
なにがなんでも打球を止めたい
後ろにそらしたくないという気持ちが
強ければ自然と出てくるプレーだと
思います。

やはりプロ野球選手でも
守備の上手い選手は逆シングルも
上手いですが状況に応じて
間に合うタイミングでは横着をせず
体を入れて正面に入って打球をさばいています。

派手なプレーや華麗なプレーも
もちろんアウトにする技術としては
必要ですが
時にはこうした泥臭いプレー
チームを救うことになるので
忘れないでおきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です