最も警戒すべきは後ろのランナー


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

劣勢の中でやっとつかんだ
千載一遇のチャンスの場面
一打出れば同点もしくは
逆転という場面
守備側であれば相当な
プレッシャーがかかり
攻撃側とすれば此処一番の
集中力が試される場面です。

しかしここには思わぬ大きな
落とし穴があるのです。

それは
後ろにいるランナーの
警戒心の薄さです。

チャンスの場面では
複数のランナーが塁にいます。

  • 満塁
  • 1,3塁
  • 2,3塁
  • 1,2塁

このようなケースにおいて
先の塁にいるランナーは
次の塁へ進むことも
さることながら牽制などで
刺されないように
相当な警戒心を
持ってリードをとっています。

しかしこうした時に
意外と気を抜いてしまい
がちなのは後ろにいるランナーです。

特に塁が詰まっている時の
後ろのランナーは典型的に
警戒心が薄くなっています。

満塁の場面であれば
1塁ランナーと2塁ランナー
1,2塁あれば1塁ランナーです。

こうしたケースの場合
アウトカウントや試合状況にも
よりますが、基本的には
1塁手はファーストベース
につかないため
1塁ランナーはフリーの
状態になります。

この時先の塁に
ランナーがいるから
自分のところには
牽制がこないだろうと
錯覚してしまうのです。

なぜこのような錯覚が
生まれてしまうかというと
牽制がくることが
非常に少ないからです。

通常牽制は
相手の出方を伺ったり
リードを縮めたり
盗塁を狙ったランナーに対して
ピッチャーがランナーをさすために
行ったりします。

しかし塁が埋まった状況では
リードを縮めるべきは先の塁にいる
ランナーであり、さらに盗塁を
仕掛けてくるのも主導権は
先にいるランナーです。

そのため後ろにいるランナーに
牽制をしてもあまり意味がないように
感じるからです。

また守備側からすれば
ピンチの場面で後ろのランナーに
牽制をしミスをしてしまえば
先にいるランナーに隙を与え
進塁を許してしまうという可能性も
考えられることでしょう。

こうした理由が重なり合ってか
塁が埋まった状況特に1,2塁での
1塁ランナーと満塁時の2塁ランナーの
警戒心はとても薄くなっています。

こうした心理をわかっていると
察しの良い選手は
もうわかっていると思いますが
守備側は1塁もしくは
2塁への牽制を狙うべきでしょう。

ただしこのプレーを
完璧に決めるには
タイミングがあります。
なぜならばこのプレーはよほど
レベルの低いチームでない限り
一試合に二回引っかかることが
ないからです。

そのため一発で決めきることと
ここぞの場面だけにとっておく
ことが必要になるのです。

まず一発で決めるためには
通常の牽制とは違い
完全に相手を刺しにく牽制である
必要があります。

相手を刺しに行く牽制はまず
相手に大きくリードを取らせること
これは塁を開けることで可能です。
次に牽制を投げるタイミングと
一塁手もしくは
二遊間が塁へ入るタイミングを
完璧に合わせる必要があります。
早く塁に入りすぎてしまえば
ランナーコーチャーやランナー本人に
バレてしまい成功しませんし
遅く入りしぎてしまえば
誰も塁にいないため
ボークもしくは暴投に
なってしまいます。

一番無難なのはサインプレーにより
ピッチャーはずっと
キャッチャーを見ておき
キャッチャーは
一塁もしくは二遊間が塁に入りそうな
タイミングでピッチャーに合図を送り
ピッチャーは合図を受け取った瞬間に
牽制をするという方法です。

そしてそのサインプレーを使う
タイミングは試合に
おいてここぞの場面
だけになります。

ピンチの場面になりランナーが
警戒心がなさそうでも
試合の序盤や
大量リードしている場面では
サインを使う必要はありません。

仮に成功したとしても
対してメリットがないからです。

使うべきタイミングは中盤以降で
僅差のゲーム展開。
これ以上一点もやれない場面で
使うことが効果的となるでしょう。
うまくこのプレーが決まれば
相手に相当のダメージを
与えることができ
流れを引き寄せることができるでしょう。

このプレーは
トーナメントの試合の場合
1大会で1回使うか
使わないかというプレーです。
もし連戦で多用してしまえば
研究された相手に
バレてしまうからです。

上に勝ち上がるほど
重要な試合になり相手も
手強くなってくるので
できれば大会の
終盤までとっておきたい
というのが本音です。

そしてこうした状況から最も
言っておきたいことは
自分がランナーの時に絶対に
引っかかってはいけないということです。

ランナーコーチがいるといえど
野手がベースに入ってくるのは一瞬の
出来事で声だけでは反応することは
難しいでしょう。
できる対策としては常にランナーが
そうしたケースを頭に入れて
警戒をしておくことしかありません。

試合展開を左右しうるプレーだけに
チームの足を引っ張らないためにも
ランナーに出る以上は常に警戒心を
強めておくようにしましょう。

 

PS,店舗オープンにともない
入会キャンペーンを実施中です
無料体験も行なっているので
是非ご利用ください!!↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です