バッター2ストライク3ボールで考えるべきこと


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

2ストライク3ボール
野球をやっているあなたであれば
必ず一度はこのカウントを打者として
経験をしたことがあることでしょう。

このカウントとなり
次に起こる可能性があることは

ヒッティングによる
ヒットor凡退orファール

見逃すことによる
三振or四球

以上のことが基本的には
考えられます。

バッターとしてはこのカウントで
どのような仕事ができるかで
その選手の価値が決まってくることでしょう。

好打者であれば
このカウントを有利と捉えて
ヒットもしくは四球をもぎ取ることが
できます。

しかしながら
平凡なバッターの場合
見逃し三振をしてしまったり
もしくはボール球に手を出して
三振もしくは凡退をしてしまいます。

そんな凡退の中でも
まずこれだけは
避けなければいけないとのは
見逃し三振ではないでしょうか?

この見逃し三振を避けるためには
どのような対策が
必要となるでしょうか?

色々な考えがあると思いますが
まず手っ取り早い対策としては
よく言われるように
追い込まれてからは
ストライクゾーンを
広げることが有効です。

見逃しをしてしまう選手に
共通することは
自分のストライクゾーンを
信用しすぎてしまうことと
四球を取りに行こうとし
過ぎてしまうことです。

ストライクを見逃してしまう
ケースはいくつかあります。
まず追い込まれていなければ

・難しい球

・タイミングが合わない

    ・狙い球でない

という理由が考えられます。

次に追い込まれていた場合
・ボールだと判断した
・予想外の球で全く手が出なかった
という理由が考えれます。

今回の2ストライク3ボールの
フルカウントの場合は
後者の追い込まれていた場合なので
見逃し三振をしてしまうのは
ボールと判断したか
予想外のボールだった
ということになります。

予想外のボールで
全く手が出なかった場合は
切り替えて次に活かして
いくしかありませんが
ボールと判断して
ストライクを取られた
というミスはなんとか
避けたいところです。
なぜならばボールと判断して
見逃したということは
バットを振れる状態にあったがあえて
スイングをしなかったということなので
完全に判断ミスとしか
言いようがないからです。

よくこうしたフルカウントから
見逃し三振をしてしまう選手が
審判の判定に対して不服な態度を
見せることがありますが
それは無意味なことです。

なぜならば
ストライクボールの判断は
覆ることもなければ
最終的なジャッジは自分自身が
判断することではなく審判がすること
だからです。

プロ野球を見てもMLBをみても
審判のストライクボールの判定というのは
ある程度の基準はあるものの
審判によって多少のばらつきがあり
また同一審判であっても1試合の中で
全く同じコースにボールがきても
判定が変わることもあります。

これは人間が審判をやる以上
仕方がないことであり
その判定も含めて野球といえます。
リクエストによって判定が
覆ることがあることから考えても
一球一球モニターでスロー映像を
確認しない限りはプロの審判であっても
完璧にストライクボールを判定することは
不可能に等しいでしょう。

だからこそ自分がボールと思っても
際どいコースでありストライクを
取られかねないボールの場合は
追い込まれていればスイングをしていく
必要があります。

逆にいえば追い込まれているのに
際どい球を見逃すということは
明らかにバッターのミスであり
結果的にフォアボールとなっても
それは結果オーライとしかいいようが
ありません。

このように見逃してしまった場合
よほど明らかなボール球でない限り
最終的に三振か四球の結果をあなたは
コントロールすることはできません。

しかし、際どいボールを見逃さずに
スイングすることができれば
結果は全てあなた次第ということになります。

ボール球をヒットにしてはいけない
というルールはありませんし
やろうと思えばカットして
ファールにすることもできるはずです。

どんなに野球が上手くなっても
審判の判定を自分でコントロールすることは
不可能です。
しかしボール球をカットすることや
自分がヒットを打てるゾーンを広げることは
技術の問題なのであなたの実力次第で
いくらでも改善することができます。

フルカウントになってしまうと
四球に頭が傾き
際どいボールを見逃してしまう
という心理が働いてしまいますが
よほどのボール球でない限りは
自分の選球眼を信じすぎずに
打ちに行くことをお勧めします。

PS.プロ野球のレベルになると
ボール球に手を出して
自分のスイングを崩すくらいなら
わざわざ振りにいかないという選手も
いるそうですが、それは長いシーズンを
戦うプロ野球だからこその考え方です。

アマチュア野球の場合ほとんどが
一発勝負や短期決戦のため
そうした判断ミスはチームの負けに
つながりかねませんので注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です