投手が「間」を置くべき理由


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

これまでバッティングにおいて
タイミングを取るために「間」を
取るべきだということを
何度か繰り返し
お伝えしてきました。

今回は同じように
ピッチングにおいても
間を取ることが大事
ということをお伝えしていきます。

ただしピッチングにおける間とは
タメを作るという意味の間ではなく
セットポジションに入ってから
投球モーションに入るまでの間を
今回はさすこととします。

セットに入ってから
モーションに入るまでの時間
というのは投手によって様々です。
しかし、何も意識していない選手は
投げるタイミングが常に一定でそれが
癖になってしまっていることがあります。

こうした同じタイミングで
投げる投手の場合
攻撃側とすればとても
攻めやすく助かります。

まずランナーがいる場合
牽制のタイミングも一定のため
帰塁がしやすくさらに
投げるタイミングが
ある程度分かっているので
盗塁のスタートも切りやすくなってきます。

実際に同じテンポで
投げるピッチャーの場合
チームによってはその
タイミングでギャンブルスタートを
きり盗塁を仕掛けてくることがあります。

こうしたことにならないように
ピッチャーはセットに入ってから
間を置く必要があります。
間を長くしてセットに入ることで
ランナーはスタートがきりづらくなったり
盗塁のサインが出ている場合は重心が
2塁側に傾き始めてきたりすることで
牽制で刺しやすくすることができます。

間を長く取るメリットはもう1つあります。
それはバッターの集中やタイミングを
狂わせる効果です。

セットに入ってから
1.2.3のタイミングで
モーションに入るピッチャーは
バッターからすれば非常に
タイミングが取りやすく
打ちやすいものです。

例えば
バッティングセンターなどの場合
ボールはほとんど一定の
リズムで同じ球速で
繰り出されてきます。
その為最初こそタイミングが
合わないかもしれませんが
後半慣れてくれば簡単に
打ち返すことができてしまうでしょう。

同じリズム、
テンポで投げることによる
リスクを下げるためには
長く間を取ることです。
バッターからすれば
いつ投げてくるか分からない
という気持ちになり集中も切れやすく
打ちづらくなってきます。

プロ野球でも長く間を
置かれることを嫌い
一旦タイムをかけて
打席を外すバッターも
よく見かけますね。

またピッチャーによっては
いきなりクイックモーションを
行うなどして相手の
タイミングを外そうと
したりします。

こうした間をうまく使うことが
できれば面白いように
相手を翻弄することが
できます。

ピッチングはなにも
投げるだけではありません。
良いピッチャーであるためには
こうした総合力で勝負することが
必要です。

打者に対しても走者に対しても
有効なこの間の使い方を
あなたも是非研究しピッチングに
取り入れてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です