指導者が選手に一番やってはいけないこと


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

野球を本気でやりたいと思えば
小学生であろうと中学生であろうと
高校生であろうとチームに所属することに
なると思います。

チームには監督やコーチが
必ずいるのでそこで
選手と指導者という関係が
初めて生まれます。

指導者はそのチーム内の役割に応じて
選手へ練習の指示や
技術的な指導を行います。

そうした指導を受けて
選手たちは成長をしていくのですが
その指導方法は指導者の考え方や
選手自身の特徴や野球に取り組む
姿勢によって様々です。

ですが
そんな中でも
指導者がこれだけは
やめた方がいいということが
あります。

それは選手のやる気を下げてしまう
発言や行動です。

コーチの発言や行動だけで
やる気を無くしてしまう選手は
いらないと厳しい意見もあるかも
しれませんが
実社会においても優秀な社長や
上司の人ほど部下に対しては
何かを教えるというよりも
やる気を引き出してあげること
モチベーションを低下させないことを
重視しているようです。

もちろん野球の選手と指導者の関係は
上司と部下の関係ではありませんが
どこか近いところがあるのも確かです。

ではなぜやる気を下げてしまう
といけないのでしょうか?

それはやる気がなければ自主性は
生まれず、選手の本気で上手くなろう
という気持ちを引き出せないからです。

やる気が低くても強制的に
練習をやらせればチームは強くなる
かもしれません。
しかしそこには本当の強さは
生まれません。
また、強制的にやらせるには限界が
あります。

やる気の低い集団にきつい練習を指示
したらどうなるでしょうか?
おそらく指導者が選手の数だけいれば
問題はありませんが
指導者が少なければ
全員に目が行き届かないため
練習に手を抜いて取り組んでしまうでしょう。
また残念ながらそのような選手たちが自主練習を
するとは到底思えませんね。

ですがやる気のある集団であれば
指導者が指示を出さずとも
自ら目標達成のために
厳しいメニューを組み
さらには練習後も指導者がいない中
自主練習を続けていることでしょう。

では実際にどのような発言や行動が
選手のやる気を下げてしまうのでしょうか?





それはこの場では明言はしませんが
あえていうならば
自分が選手の立場となった時
言われてやる気が下がりそうなことは
控えるべきでしょう。

もちろん暴力などは論外ですが
それ以外にも色々なことが
あると思います。

私も気をつけてはいますが
何かを発言する前には
そうしたことを一度頭で
考えてから発言してみても
良いかもしれませんね。

PS.もちろん考え方は人それぞれなので
人によってはこれがダメだという基準が
違ってくることもあると思います。
何れにせよ選手の為だと言って
自己満足にはならないようにする必要が
ありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です