脇は締めるべき?開くべき?〜バッティングの常識〜


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

バッティングの常識として
よく言われることに
脇を締めろという言葉があります。

この脇を閉めろとは
右バッターであれば左脇
左バッターであれば右脇が
インパクトの瞬間に開いていると
力が逃げてしまうという考えから
そう言われていきました。

しかしこうした考え方は
あくまでも考え方の一つに
しかすぎません。
なぜならば脇を開けながら
ヒットやホームランを打つことができる選手は
山ほどいるからです。

それにも関わらず
「これが正しいんだ」と
言わんばかりに多くの指導者が
口を揃えて脇を閉めろと
選手を矯正してしまいます。

もちろん脇を締めることが
間違っているとは言いません。
大切なことは多様性を認めることに
あると思います。

ではここで一度
脇を締めることと
脇を開けることの違いに
ついて考えていきましょう。

まず脇を締める場合
この場合ボトムハンドと呼ばれる
下にある腕が優位に動く
バッティングフォームになりやすいです。
右バッターで言えば左手
左バッターで言えば右手です。

ボトムハンド優位の
バッティングフォームの場合
遠心力がかかりやすく
体の軸を中心バットを回すという感覚が
掴みやすいかと思います。

試しにボトムハンドの片手でバットを持ち
脇が開かないように腕を伸ばして
バットを振ろうとしてみると
遠心力によりバットが回転の外に
飛んでいきそうになると思います。

こうした力を利用して
バッティングをするというのが
ボトムハンド優位のバッティングです。

対して脇を開けた場合は
トップハンド優位のバッティング
フォームになります。

トップハンドは上にある手なので
右バッターであれば右手
左バッターであれば左手になります。

先ほどと同じようにボトムハンドで
バットを持ち今度は肘を曲げて
脇が開くようにしてスイングをしてみると
バットが体に近づいた分遠心力がかかりづらく
曲げた肘を伸ばすことでスイングをする形に
なりやすいでしょう。

このようなスイングは
一歩間違えば手打ちになってしまったり
また脇が開くことで力も抜けてしまうと
考えられていたため今までは悪い
スイングとされていました。

しかし、その分トップハンドである
上にある手を優位には
働かせることができます。
肘を曲げて脇を開けることで
変な窮屈さがなくなり
トップハンドが体の近くを
通しやすくなります。

これによりボールを体の近くまで
引き寄せられるようになったり
腕のしなりではなく体全身を使った
スイングができるようになっていきます。

メジャーリーグではどちらかというと
トップハンド主導のバッティングフォームが多く
トップハンドを体の近くを通してボールを引きつけて
動くボールに対応しています。

日本でも坂本選手などは
インコースのボールを
うまく脇を開けてホームランを
放ちます。

もちろんどちらが正解というものは
ありませんが最初にも話したように
多様性を理解した上で常識に
とらわれ過ぎずに選手の才能を
伸ばしてあげることが重要かと思います。

PS
脇を開く脇を締めるという表現は
曖昧なもので誤解が生じやすいものです。
単純に脇を締めるといっても
どう締めるかは人それぞれの解釈によるので
指導をする場合は身振りを交えながら
行うのが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です