一流選手のイメージする力


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

あなたがピッチャーとして
マウンドに立っている時
2死満塁でカウント
2ストライク3ボールの時
次の一球を投げる前にあなたは
どのようなことを考えますか?

まず大前提として
押し出しにはしたくないので
ストライクを投げたいと考えると
思いますが
実際にマウンドに立ちその場面に
いることを想像してみると
おそらく相当なプレッシャーが
のしかかり平常心ではいられないかも
しれませんね。

また満塁のランナーも
フォアボールで出塁していたとしたら
誰しも思わずフォアボールで押し出し
という最悪のイメージを思い浮かべてしまう
ことでしょう。

しかしこうした悪いイメージを
プレーの前に思い浮かべてしまうことは
あまり良いことではありません。
もちろん最悪の事態を想定して
それに備えた準備をすることは
大切ですがそれは自分では
コントロールしようがないことについてのみです。

ピッチャーのピッチングのように
投げるコースや投げる球種を
自分次第である程度コントロールできる
場合はプレー前はできれば良いイメージを
もつことが良いでしょう。

そのイメージは具体的であればあるほど
良いものです。
例えばこのバッターを抑えて
無失点で切り抜けたいだけだと
漠然としすぎていますが
アウトコース低めに最高のボールを投げて
見逃し三振にするというイメージだと
とても明確で鮮明なイメージになるとは
思いませんか?

ではなぜこうしたイメージをもつことが
良いのでしょうか?
それは人間は行動の前に必ず
イメージが先行するからです。
例えば目の前にあるペットボトルを
飲む時、行動を起こすその前に
ペットボトルに手を伸ばし
ペットボトルを掴み
口に運び
ペットボトルを傾ける
というイメージを少なからず
思い浮かべてから行動をしています。

当たり前のことで
難しくないことであれば
ほとんど無意識にイメージと
行動を行なっていると思いますが
少し難しいことになると
このイメージは必ず必要になってきます。

例えば跳び箱を飛ぶ時
低い段であれば問題ありませんが
高くなればなるにつれて
難易度は上がっていきます。
そうした時にどのようなスピードで
助走をし、ジャンプをし、手をつき
着地をするのかということをイメージしながら
必ず飛ぶことでしょう。

このイメージがうまくできれば
おそらく跳び箱を飛ぶことが
できますがうまいイメージが
つくれないと失敗ばかりが
頭に浮かび恐怖心からも
飛ぶことができないでしょう。

こうしたことを乗り越えるためには
良いイメージを作る練習が必要です。
例えば低い段から跳び箱に挑戦していき
徐々に高さを上げつつ自信を深めていくと
高い段になってきても飛ぶ前から
良いイメージができているため
飛べる確率は高くなっていくでしょう。

野球の場合も同じです。
意識をして練習をしていれば
必ずうまくできた時とうまくできなかった
時がはっきりとわかると思います。

そうしたうまくいった時の
イメージをプレーの前に鮮明に
思い起こしてみましょう。

先ほどの満塁の場面で言えば
アウトローに最高のボールを投げた時の
イメージを作り上げます。
あとはそのイメージのまま
ボールを投げるだけです。
たったそれだけでも
プレーの質は高くなっていきます。

このようなイメージをする能力は
一流選手ほど備わっているものです。
特に状態の良い選手はバッターの場合
打席に入る前にヒットやホームランのイメージが
浮かぶことがあるそうです。

もちろんそうしたイメージが浮かぶのも
普段の練習があってこそですが
調子が悪いという選手は
良い時のイメージを思い浮かべるだけでも
不調を脱出するヒントになるかもしれませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です