セ・パ交流戦〜なぜパ・リーグが強いのか?〜


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

先日プロ野球はセ・パ交流戦が
開幕しました。
交流戦は2005年から始まり
現在まで14回開催されてきました。

14年前から開催されているということは
現在中学生や高校生という選手は
まだ生まれていないかもしくは
生まれて間もないため
物心つく頃から交流戦が当たり前として
あったという感覚だと思います。

しかし交流戦が始まった当時は
セ・リーグとパ・リーグの試合は
オールスターか日本シリーズしか
なかったためとても新鮮なものでした。

また当時は今ほどパ・リーグの人気が
高くなかったということもあり
テレビ放送も少なく
単純にパ・リーグの選手を見ることが
できるのがとても嬉しかった
という思い出があります。

さてそんな交流戦ですが
過去14回の結果を見ると
なんと1回を除いてその他すべてを
パ・リーグが勝ち越しているのです。

これは果たして偶然なのでしょうか?
それとも単純にパ・リーグの方がレベルが
高いということなのでしょうか?

確かにこの間
2005年〜2018年の日本シリーズの結果を
見ても14回中11回パ・リーグの球団が
日本一に輝いています。

実際に選手一人一人を見てみても
良い選手が集まっている
イメージを持つ方が多いかもしれません。

しかし14年間というスパンで
考えると当時主力だった選手も
ベテランになっていたり
引退したりしているため
一概に選手が良いからということでは
片付けられないように感じます。
(もちろんそれだけ上手く世代交代が
できているということでもありますが)

ではこの原因は一体どこにあるのでしょうか?
私はその原因はDH制にあると思います。

あなたもご存知の通り
パ・リーグはセ・リーグとは違い
DH制度があるため投手が打席に
立つ必要がなく指名打者が
打順に加わります。

そのためチーム編成として
パ・リーグは必ず1球団に一人は
指名打者の選手を用意する必要が
あるのです。

つまりパ・リーグには
野手のレギュラーが9人
いることになるのです。

対してセリーグは
投手が打席に立つため
野手のレギュラーは8人となります。

この差は思いのほか
大きいものです。

交流戦では
DHありの試合となしの試合両方が
行われます。
DHなしの試合の場合は互いに条件が
同じと言えるでしょう。
セ・リーグの投手は打席に立つ機会が
多いから有利と思う方もいるかもしれませんが
そもそも投手の打率は低いため
大した有利にはなりません。
また自分の登板する日しか打席に立たないので
打席数も決して多くはありません。

対してDHありの試合はというと
明らかにセ・リーグが不利となるのです。
なぜならばパ・リーグの球団は
DHとしてリーグ戦で活躍する
レギュラー選手を出場させることが
できますが
セ・リーグの球団はDH専門のバッターがいません
そのため普段であれば代打かもしくは
誰かと併用でスタメンに起用されている
選手をDHとして試合に起用することに
なります。

普段からDHとして
何十試合も出場している選手と
代打などでたまに出場している選手
どちらが有利であるかは明確です。
ましてやパリーグでDHを打っている選手は
ほとんどクリーンナップを打つような選手です。
仮にセ・リーグのDHを打つことになる選手が
クリーンナップを打てるような選手だとしても
普段の出場機会が少なければ打席感覚が
失われているため不利となるでしょう。

またDH制は投手を育てる
とも言われています。

セ・リーグであれば
投手が打席に立つため
ピンチの場面では前のバッターとの
勝負を避けてピッチャーが打席に
入った時に勝負をすることが
多いでしょう。

しかしながら
DH制のあるパ・リーグでは
そうはいきません。
全員が野手であるため
気をぬくことができないのです。

そうした状況で常に戦っている
からこそパ・リーグの投手は
球界を代表するような投手が
多いのかもしれませんね。

こうした制度の違いによる
チーム編成事情から
セ・リーグよりもパ・リーグの方が
有利に交流戦を戦うことができるのでは
ないかと思います。

ですがそうはいっても
同じプロ野球球団である以上
セ・リーグも毎年毎年負け越していれば
良い気はしないでしょう。
今年こそはセ・リーグが意地を見せ
10年ぶりに交流戦を勝ち越して
欲しいと思います。

“セ・パ交流戦〜なぜパ・リーグが強いのか?〜” への2件の返信

  1. DH制がパ・リーグで始まった前後を境にパ・リーグが強くなる傾向が見えたのであれば、この意見に納得なのです。
    ただ、少なくとも日本シリーズだけを見るとDH制導入前後でもあまりセ・パ王者の戦績に変化はないです。
    これを説明できる理由はありませんか。

    個人的にはもっとシンプルに松坂あたりからパ・リーグのほうがドラフトで良い投手を獲っていて、投手のレベルアップがリーグ全体のレベルアップにつながっているのかなぁと思っています。
    逆に言うとセ・リーグは巨人が勝手にバランスを崩して弱くなり、パ・リーグとは逆にレベルダウンしていった気がします。

    つまり一度強くなるとそれがさらなる強さを生み、弱くなるとさらなる弱さを生む。交流戦が始まったときはパが前者、セが後者の時期に重なっただけ。
    ただ、これもずっとは続かないのであと10年~20年後にはDH制の差があったままでもセ・リーグが勝っていくことはあり得るというのが私の仮説です。

    1. 上坂様
      貴重なご意見ありがとうございます!
      確かにおっしゃる通り近年良い投手が
      パリーグに流れている傾向にあるのは事実
      かもしれませんね。

      また巨人が弱くなったというのも
      大きいですね!
      参考にさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です