メンタル面が試合を大きく左右する〜ヤクルトの連敗から学べること〜


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

メンタル面が大事
精神を鍛える

このような言葉を
あなたも聞いたことが
あると思います。

スポーツに限らずですが
メンタル面というのは
何をやるにも重要とされ
実際野球においても
試合の結果に大きな影響を
及ぼすものです。

私も色々なチームを
訪問し選手の成長を
見ているとやはり一見
体格や技術では劣っているように
見える選手でも
メンタル面が素晴らしい選手
というのは目を惹くもので

実戦となると必ずと言っていいほど
結果を残してくれるのです。
特にそれが大事な場面や
大事な試合であればあるほど
活躍してくれるため
監督としても使いたくなる気持ちも
理解できる気がします。

逆に技術的にも
体格的にも良いものを
持っているにも関わらず
どうしても試合や実戦で活躍できない
という選手も多く目にします。
こうした選手は頑張っていることは
伝わってくるのですが
悩みすぎたり考えすぎたりするためか
空回りをしてしまっているように感じます。

プロ野球の世界を見ても
やはりこのメンタル面や精神面というものは
試合結果に大きな影響を及ぼすものだと
感じます。
先日ヤクルトが16連敗からついに脱出しました。
普通に考えればそれまで上位を走っていたチームが
いきなり16連敗するということは
考えられません。

ましてや拮抗したレベルにある
プロ野球球団でこのようなことが
起こることは稀でしょう。
ではなぜこのようなことが
起こってしまったのかというと
やはりそこにはメンタル面が
影響していたのではないでしょうか?

はじめのうちの連敗はそうではなかった
かもしれませんが
連敗を重ねるうちに
チームの雰囲気は必然的に
悪くなっていきます。

それに加えメディアや
ファンからのプレッシャーも
大きく選手たちにのしかかったことでしょう。

こうした精神面への圧力が
悪循環となり連敗が次の敗戦を呼び
負のスパイラルへと陥ってしまったのでしょう。

そうした理由がわかっているからこそ
ヤクルトのベテラン選手は
チームの雰囲気を少しでも変えるために
様々な行動を起こしたようです。

そうした甲斐もあり
やっとのことでこの負のスパイラルから
脱出することができました。
おそらく実力的にはそこまで差はないので
一度勝ってしまえばこれから先
このような大型連敗をすることは
ないのではないでしょうか?

高校野球もこれから
夏の甲子園へ向けた
戦いが始まってきます。

甲子園を戦ってきた選手たちの
話を聞くと口を揃えて語るのが
夏の大会で勝ち上がるのは
実力ではなく
「どれだけ勝ちたいと強く思っているか」
ということだそうです。

もちろんそうした気持ちを強く持てるチーム
というのはそれだけの厳しい練習を
積んできたチームだからこそだとは
思いますが
やはり相手が強豪校だからと言って
気持ちで負けていたら
勝機はないでしょう。

これまで公式戦で思うような
結果を残せていないというチームは
大会に向けてチームの心を一つとし
必ず勝ち上がっていくという
強い気持ちを改めて高めて
大会に臨んでほしいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です