グラブトスの必要性とは?


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

守備をする中で
特に内野手は速さを求められます。
それは
打球に追いつくまでの速さ
ボールをとってからの速さ
握りかえの速さ
送球の速さ

これに
正確性が加わることで
守備の良い選手が出来上がってきます。

そうした速さと正確さという
要素を考えた時
グラブトスはどのように考える
ことができるでしょうか?

グラブトスとは
ボールを捕球した野手が
利き手に持ち変えることなく
そのままグローブからボールを
相手にトスするテクニックです。

グラブトスをすることによる
メリットは
捕球してから握り変える
必要がないので相手にボールを
送るのが速くなるという点です。
また、セカンドが2塁ベース付近のボールを
捕球した時逆シングルの場合
体勢が崩れているため持ち替えを
するのがとても難しいです。
しかしグラブトスであれば
割とスムーズに2塁ベースへボールを
送ることができるでしょう。

デメリットは
持ち替えた時に比べると
やはり少し正確性に劣ってしまう
という点と長い距離を速いボールで
トスすることが
できないということです。

よく少年野球や中学野球を見ていても
特に二遊間のダブルプレーをする時に
グラブトスをする光景を目にします。
しかしながらこのグラブトスを行う判断が
誤っているということが多くあるのです。

はじめに断っておくと
グラブトスを禁止しているわけではありません。
むしろアウトをとるためには必要な
技術であると思います。
ですがプロ野球を観ていても
分かるように何でもかんでも
グラブトスをしているわけではありません。

状況に応じてグラブトスと
持ち替えてからの通常のトスを
切り替えているのです。
ではどのような判断で
グラブトスを行なっているのでしょうか?

まず考えなければいけないことは
タイミング的に持ち替えをして
間に合うかどうかという点です。
先ほどもお伝えした通り
グラブトスは持ち替えがない分
うまく使えば速く相手にボールを
送ることができます。
しかしその反面正確性にはかけるので
余裕で間に合うタイミングにも関わらず
グラブトスをするのは良い選択とは
言えないでしょう。

また、ギリギリのタイミングであっても
良い体勢で捕球ができていれば
持ち替えにそれほど時間はかからないため
一瞬で持ち替えてトスをした方が
正確かつ速いプレーを行うことが
できることでしょう。

そして次に考えるべきことは
自分の体勢が良いか悪いか
ということです。

逆シングルや前進しながらな
シングルキャッチの場合
体勢を立て直すのには
ある程度ステップを踏む必要が
出てきます。

速い打球やランナーが遅い場合は
それでも持ち替えをして正確な送球をした方が
良いかもしれませんが
ギリギリのタイミングの場合
体勢を立て直している余裕はありません。

こうした場合は
正確性にかけるというリスクを
承知の上でグラブトスを選択
するのが良いでしょう。

グラブトスを考える上では
「グラブトスはだめだ」や
「グラブトスは必要だ」
という極端な意見になりすぎずに
このようにメリットとデメリットを
理解してグラブトスをすべきか
どうかの判断力を磨くことが
最も大切なことではないでしょうか?

また正確性を上げるための
練習ももちろん必要になってきます。
ぜひあなたも色々な場面で
グラブトスをすべきかどうかの
判断基準を作り試合でとっさに
対応できるようにしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です