些細な動作の変化も見過ごせない


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

先日とある
現役プロ野球選手から
動作解析の依頼がありました。

依頼内容は
今シーズンのフォームと
昨シーズンのフォームに
違いがないか?
ということ

なぜこのような
依頼をされたのかというと
昨シーズンの成績に比べて
今シーズン序盤なかなか結果が
付いてこなかったからです。

こうした依頼を受け
昨シーズンの好調時のピッチングと
今シーズンのピッチングとを
比較し解析を行なっていきました。

結果からいうと
昨シーズンと今シーズンでは
わずかではありますが
フォームに変化が見られました。

もちろんこうした比較を
するにあたっては
ある程度の材料が必要です。

プロ野球選手といえど
同じ球種同じコースに
ボールを投げ込んでも
毎回毎回全く同じフォームに
なるとは限りません。

そのため
だいたい同じ条件で
投げている動画を
集めて比較をする必要が
あるのです。

ワインドアップの時
セットの時
クイックの時
球種
コース
左バッター
右バッター
などなど

様々なパターンで
比較を行なっていくと
ある程度傾向が見えてきます。

その傾向をもとに
仮説を建てて結果が
付いてこない要因を
分析していきました。

もちろん
これが原因だと
断言できるものが
あるほどピッチングは
単純ではなく複雑な
条件が重なり合って
結果につながっていきます。

ですが
結果が出ていない以上
その原因を探っていかない限りは
改善は運任せとなってしまいます。

しかし
プロ野球選手ともなると
運任せというわけにはいきません。

今回依頼を受け
分析をした結果浮かび上がってきた
ポイントをいくつか伝えると
やはり自分では気がつきにくい点が
あったようでとても驚いて
いただくことができました。

その選手はその後
しばらく好投が続いているようです。
伝えたポイントがきっかけとなったかは
わかりませんが
少しでも貢献できていたら幸いです。

プロ野球選手の
環境といえど
やはり全て自分のフォームを
分析することは難しいようで
自分の感覚に頼ることが多いようで
改めて動作解析の重要性を
認識することができました。

さらに一軍の選手ともなると
監督やコーチも下手にフォームに
テコ入れをすることは難しく
知らず知らずのうちに
フォームが変わってしまい
気がついたら不調に
なってしまうということも
少なくないのではないでしょうか?

こうしたことを考えると
些細な動作の変化であっても
簡単に見逃してはいけません。
無意識の間に少しでも動作が
変わるということは必ずそこに
何か原因があるはずです。

そうした変化に
気がつくことができるのは
本人ではなく意外と
周りで見ている人たちということが
多いことでしょう。

もし結果が出ていても
何か違和感がある
いつもと違うと感じたら
それは不調へと向かう
サインかもしれません。

今すぐフォームを
変える必要はありませんが
気になった点は
タイミングを見て本人に伝えて
あげる良いでしょう

PS変化を伝えるタイミングは
とても難しいものです。
気にしすぎるような選手には
自分から助言を求めるまで
こちらからは口を出さないということも
大切なのでそうした点も見極めるように
しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です