スライディングをする理由


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

走塁技術の一つとして
スライディングというものがあります。

普段何気なく行なっていることも
多いこのスライディングですが
ここで改めてなんのために
行うのかを考えてみましょう。

まずスライディングは大きく分けて
二つの種類があります。
一つ目は足から滑るスライディング
二つ目は頭から行う
ヘッドスライディングです。

まず足から滑るスライディングについて
このスライディングをする理由は
二つあります。

まず一つ目は
勢いをなるべく殺さずに
ベースに止まることです。

1塁ベースをのぞいて
走塁時はベースから離れてしまうと
守備側の選手がボールを持って
タッチしてきた場合アウトとなってしまいます。

そのため先の塁を全力で
狙わなければいけませんが
オーバーランや駆け抜けをせずに
ベースストップをする必要があります。

スライディングをしない場合
ベースストップをするためには
ベースの直前でかなり減速を
する必要があります。
その結果間一髪のタイミングであれば
アウトになってしまうでしょう。

しかしスライディングであれば
それほど減速する必要もなく
ベースで止まることができるでしょう。

この時相手がミスをすることも
あるのですぐに先の塁を狙う必要があります。
そのためスライディング後はなるべく
倒れた状態にならずに
滑り込んだ勢いをベースにぶつけて
その反動ですぐに立ち上がる
ようにしましょう。

二つ目は
怪我をしないためです。

タッチプレーにおいても
フォースアウトにおいても
塁上には野手がいる場面が
多くあります。

そのため駆け抜けができる
1塁をのぞいては
そのままスライディングをせずに
塁へ突っ込んでいくと
野手と正面から衝突をしてしまいます。

全速力で走っていれば
大きな怪我につながってしまうので
よほど送球が来なくてオーバーランを
できると確信がない限りは
スライディングすることを
お勧めいたします。

中学生などでよく起こるのが
1塁にランナーがいる場面で
バントをし1塁ランナーが
2塁に投げてこないと勘違いし
スライディングを怠ってしまう
というケースです。

走っている時に
バントの打球を確認でき
1塁に送球をすることが
確認できない限りは
こうしたケースでも必ず
スライディングをするようにしましょう。

ヘッドスライディングは
これとは対極にあるプレーです。
通常のスライディングに比べて
頭から突っ込んでいくことが
できるので前傾姿勢のまま
スライディングに移れることもあり
スピードを落とさずにスライディングをすることが
できます。

そのため最近の研究によると
駆け抜けるよりもヘッドスライディングの方が
速いというデータがあるようです。
(もちろんうまくヘッドスライディングをできれば
の話ですが)

しかしながら慣れていない選手が
ヘッドスライディングを
行うと大きな怪我に繋がる恐れがあります。

全速力で走ってき頭から
地面に滑り込んでいくので
下手をすると顔面を地面や
野手のあしに強打してしまうことになります。

実際に私も現役時代に
何人もヘッドスライディングで
怪我をしている選手をみてきました。

こうしたリスクがあるため
ヘッドスライディングは
通常ランナーのリードからの
帰塁のみに使われることが
多いです。

しかしながら最近では
コリジョンルールが適応され
ブロックができなくなったので
ホームへ突っ込む時は
ヘッドスライディングが有効
であるとのことです。

実際プロ野球を見ても
ホームへのヘッドスライディングは
とても多くなったと思います。

うまく使えばメリットも
多いので取り組む場合は
試合からではなく
危険の少ない練習から取り組むように
していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です