1死ランナー1・3塁1塁ランナーにエンドランのサインpart1


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

強いチームほど走力があるものですが
走力がなくても走塁技術を磨くことは
どのチームでもできることでしょう。

そうした走塁技術の中には
優れた状況判断能力が
含まれていますが
複雑な状況においては
瞬時の判断だけでは情報処理が
追いつかない為
事前にある程度状況を整理して
選択肢を絞っておくことが必要となるでしょう。

今回はそうした複雑な状況に
おいてどのような選択をすべきなのかを
例を出して考えていきましょう。

ケースはこちらです。
1死ランナー1・3塁1塁ランナーに
エンドランのサインが出たとき
バッターがセカンド方向にライナー性の
打球を打ちました。

この時あなたがランナーであれば
どのような動きをしますか?

まず1塁ランナーの
場合を考えてみましょう。

ここでの選択肢は
1,バックする
2,打球を確認してから判断
3,そのまま構わずスタートをきる
この3つがあると思います。

あなたの考えはまとまったでしょうか?

ここでの正解は、、、

3番のそのままスタートになります。
それでは理由を考えていきましょう。

まず1のバックするという選択について
基本的には2死以外の場合は
ライナーバックがランナーの鉄則ですが
この場合はエンドランのサインが出ています。
その為、1塁ランナーはスタートをすでに
切ってしまっています。
つまりライナー性の打球において
仮にセカンドに打球を捕られてしまい
1塁に戻ったとしてもタイミング的に
どうやっても間に合うことはないのです。

2番の場合も同様に
スタートを切ってしまっているので
打球を確認して抜けたらスタート
捕られたらバックとしたところで
1塁へ戻ることはタイミング的に
難しいでしょう。

そう考えると
やはり3番のエンドランのそのまま
スタートをきるというのが
正解となります。
ライナーを捕られてしまえば
戻ったところでどうせアウトに
なってしまうので
抜けることを信じてそのままスタートをきり
3塁を目指して走るのがベストとなるでしょう。

注意をしなければならないのは
ライナー性の打球であっても
外野に飛んだ打球であれば戻れる可能性が
あるので打球角度には気をつけましょう。

同様にフライの場合も
エンドランでスタートを切っていても
戻ることは十分に可能ですので
インパクトを確認し戻れる判断できれば
瞬時に1塁へ戻れるようにしておきましょう。

次回は同様の場面で
3塁ランナーがどのような
選択をすべきなのかを
考えていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です