運動会の徒競走でタイムを伸ばす方法?


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

週末は暑い日が続き熱中症によって
倒れてしまう人が全国で続出したようですが
あなたは大丈夫だったでしょうか?

また
この土日に運動会が行われたという
人も多かったのではないでしょうか?

そんな運動会と関連して知っておいて
いただきたいのが、靴の消耗度と
パフォーマンスの関係性です。

運動会で行われる50m走や
100m走などの徒競走は
単純な足の速さが勝敗を左右します。
しかしながら足の速さだけではなく
靴の性能にも多少左右されるということは
ご存知でしょうか?

よくよく考えてみれば
当たり前のことなのですが
ずっと使ってきたボロボロの
靴であれば靴の底が激しく消耗しており
グリップ力が弱まるため一歩で
進める距離に差が出てしまいます。

正確なタイムを出したことはありませんが
おそらく新品の靴と使い古した靴では
徒競走のタイムに大きな影響を与えるのではないかと思います。

まだ運動会が終わっていないという
あなたは是非一度当日履く予定の靴を
確認してみましょう。

さて、これと全く同じことが
野球のスパイクにも言えます。
この件は以前にもお伝えしたことが
ありますが
まさにこれから夏に向けて
スパイクの消耗度を確認しておく
必要があるでしょう。

0コンマ何秒を争う場面は
野球では多々あります。
「あと少し速く走れていれば
セーフだったかもしれない」
「もう少し足が早ければ、、、」
という少しをスパイクによって稼ぐ
ことができるのであれば
それほど簡単なことはないでしょう。
どう考えても後数ヶ月で足を速くする
よりも簡単だと思います。

もし夏に向けてスパイクが
消耗し過ぎているという選手は
今の段階からスパイクを新調し
慣らしておくことが必要です。
新調していきなり試合で
使ってしまうと靴擦れなどを
起こしてしまい逆にパフォーマンスが
下がってしまうので注意しましょう。

ある程度馴染んできたら
今までのスパイクを
練習や試合で使うようにし
少しでも消耗を抑えるようにしましょう。

また今のスパイクがベストの状態に
ある場合はそのまま1ヶ月使い続けると
夏の大会を消耗した状態で
使うことになってしまうので、
ベストのスパイクを保存しておき
すでに消耗しきった古いスパイクを
使うようにししておきましょう。

こうした時に備えて
初めから公式試合用と
練習用でスパイクを
分けておくと良いかもしれませんので
まだ1年生や2年生の
選手は参考にしてみてください。

“運動会の徒競走でタイムを伸ばす方法?” への2件の返信

  1. お疲れ様です。
    野球の走塁と100m走とは違うと思っているのですが、基本的な走力の強化などは同じでも良いのでしょうか?

    1. コメントありがとうございます。
      単純な走力で考えると
      短距離走も野球の走塁も同じ
      筋肉を使っているため
      瞬発力を高めるという点では
      同じものだと考えています。

      ですが、
      走り方の違いは多少あるものです。
      野球の場合はどちらかというと
      前傾姿勢が多く、かかと接地をする選手が
      多いですが単距離の陸上選手で
      かかとから地面に足をつける選手はいません。
      その理由はかかと接地をすることにより
      足への負担が大きくなり怪我をしたり
      そもそもタイムが遅くなるからです。

      野球の場合も走塁においては
      かかと接地からつま先接地に
      改善していく必要がありますが
      守備の場合はゴロを捕球するために
      低い姿勢を取らなければいけないので
      つま先接地は難しくなります。

      もちろん走塁の場合も
      陸上の短距離とは違い
      直線を走るわけではないので
      全く同じとは言い切れませんが
      やはり短距離が速い選手は
      走塁も速いということからも
      基本的な走力の強化は同じと考えても
      良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です