キャッチボールで大事にしたい〇m


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

あなたのチームでは
普段練習をしている中で
どれくらいの時間を
キャッチボールにかけているでしょうか?

5分程度で終わるチームもあれば
20分以上かけるというチームも
あることでしょう。
また季節によって時間を
変えるというチームもあるかもしれません。

ではそのキャッチボールの中で
どのようなメニューを行なっていますか?

特に何も意識をしていない
チームであれば
徐々に距離を広げていき
肩が温まれば
終わりという形かもしれませんが

高い意識を持っている
チームであれば
タッチプレーのボールを投げる
練習を入れたり
ワンバウンドのスローイングを入れたり
するなど工夫をして練習を
していることでしょう。

そうした練習の中で
特に大切にしていただきたい
メニューがあります。
それは40mでのキャッチボールです。

多くのチームが
肩が出来上がった後に
塁間でのキャッチボールを
入れていると思います。
確かに塁間をしっかりと
投げられるかどうかは
野球においてはとても大事な
ポイントです。

特に内野手は塁間の送球の
正確さがミスを防ぐ上では重要です。
そのため高いレベルのチームは
この距離の練習をとことんやっているため
ほとんどミスはしないことでしょう。

ですが40mの距離ではどうでしょうか?
塁間が27.44mということを考えると
40mは12~13mほど塁間から長い距離に
なります。
この長さの違いは思いの外大きく
実際に送球練習をやってみると
ミスを連発してしまうということが
多いようです。

しかしよく考えてみると
この40mという距離は
試合においてとても大事な場面で
よく使われる距離なのです。

例えば外野から中継までの距離であったり
中継からホームまでの距離であったり
外野から3塁へ送球を行う時も
中継に入る選手は40mぐらいを投げなければ
いけません。
そのためこの40mの送球が
良いか悪いかによっては
そのまま得点を相手に与えてしまうか
得点を防ぐことができるかが
決まってしまうのです。

それにもかかわらず
キャッチボールで40mの送球練習を
行うチームは少なくノックなどで
ミスを連発してしまうのです。

キャッチボールはただ肩を
温めるための練習ではありません。
送球や捕球に関わること全てを
練習するためにあります。

現在40mの送球練習を取り入れていない
というチームはぜひ遠投などで
肩が出来上がった後に塁間での送球練習を
入れる前に40mの送球練習を入れていただきたいと
思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です