3番バッターは何を求められるのか?


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

3番バッターに対して
あなたはどのような
イメージを持っていますか?

最近では2番打者に
最も良い選手をおくという考え方が
流行っていますが
それでも3番バッターが
一般的には良いバッターだと
考えられることが多いでしょう。

実際に今のプロ野球を見ても
3番を打つ選手は
球界を代表するような
強打者や好打者が
並んでいます。

では実際のところ
3番バッターには
何が求められているのでしょうか?

まず第一に求められることは
高打率を残すことです。

野球は得点の取り合いの
ゲームです。
相手のミスなく得点を取るためには
やはり打つことが求められます。

もちろん出塁率が高い選手
というのも魅力的なのですが
そうした選手は3番向きではないかもしれません。

何故ならば
出塁率が高く
打率が低い選手の場合
ランナーを効率よく進めることが
できないからです。

塁が詰まっていれば
押し出しのように
四球によってランナーを
進めることはできますが
最高でも一つの塁しか
進めることができません。

しかしヒットを打つことができれば
たとえシングルヒットでも
ランナーは2つ進塁できる可能性が
あります。

たとえばランナー2塁のケース
四球では1,2塁にしか
なりませんが
シングルヒットであれば
1,3塁もしくは2塁ランナーが
一気にホームに還り
一点とってランナー1塁の
状況を作ることができます、

このように考えると
ランナーが塁にいる状況では
出塁率が高い選手よりも
打率が高い選手の方が
チームとして得点への期待が
高まることでしょう。

次に求められることが
高出塁率を残しことです。
先ほどは打率が高いことが
良いと話しましたが
やはり出塁率も高いに越したことは
ありません。

なぜならば
4番5番の前にランナーがいるといないでは
相手に与えるプレッシャーが全く
違ってくるからです。

たとえば初回の攻撃で
1,2番が凡退してしまった場合
3番が出塁できなければ
次の回はノーアウトランナーなし
で4番を迎えることとなります。

この場合
相手からすれば
一発打たれても
一点しか取られません。
なのである程度大胆な
リードをすることができるのです。

しかしながら
2アウトで一人でも
ランナーがいる場合
相手が4番であれば
長打を警戒せざるを得ません。

実際に長打を打たれてしまうと
一点取られてしまったり
一発打たれれば2点入ってしまったりする
リスクがあるので
相手に相当なプレッシャーを与えることが
できるのです。

打率と出塁率は
両立することができるので
3番に入る選手は
ヒットを打つことも大切ですが
ランナーがいない時には
冷静に出塁を選ぶことができる
と良いでしょう。

得点を取るには
打順が打線となって
機能することが大切です。
打順がただの順番に
なってしまうケースというのは
先ほども例に挙げた
1,2,3番が続けて凡退してしまう
ケースです。

つまり
打順を打線にするために
3番打者としての力が試されるのは
初回に1,2番が凡退した時に
3番バッターがヒットや四球で
いかに4番に繋げるかにあるのではないでしょうか?
(もちろんホームランでも構いませんが)

3番を打っているあなたも
打順を打線とするために
こうした状況でしっかりと
役割を果たせる選手を目指してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です