上手い選手への打球はなぜイレギュラーしないのか?


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

土のグラウンドで守備をしていると
内野手としてはやはり怖いのが
イレギュラーバウンドです。

イレギュラーは
通常のバウンドとは違い
いきなり高く跳ねたり
いきなり弾まなかったり
するため野手のエラーを誘う
厄介な存在です。

また上手く捕球できずに
体に直撃してしまうことも
あるので顔に当たってしまうと
トラウマになってしまう選手も
多いでしょう。

こうしたイレギュラーは
防ぎようがないように
感じるかもしれませんが
守備の名手と呼ばれる選手は
守備をしている時
そもそもイレギュラーを
した打球が飛んでいる
イメージがありません。

またイレギュラーをしても
うまくさばいてしまっている
選手が多くいます。

それはなぜでしょうか?

まず考えられることは
イレギュラーをする前に
打球を捕ってしまっている
ということです。

大前提として
イレギュラーが起きる
条件は地面にボールがバウンドを
することです。

ということは
バウンドをした回数だけ
イレギュラーの確率が
高くなってしまう
ということです。

つまりボールを待ってしまえば
それだけイレギュラーの可能性が
高くなってしまうのです。

また
イレギュラーが起こるのは
打球がある程度弱まった時です。

打った瞬間の1回目のバウンドで
イレギュラーをすることはあまりありません。
なぜならば
打ち始めが一番打球に勢いがあるからです。
勢いがあることで
多少グラウンドが荒れていても
その荒さにボールの勢いが勝つため
イレギュラーは起こりません。

しかしバウンドを重ねていくと
徐々に打球の勢いも弱くなっていき
そこで荒れた場所でバウンドをすると
イレギュラーをしてしまいます。

こうしたことから考えると
やはり少しでも前に出て
少ないバウンドで打球を処理することが
イレギュラー対策と言えるでしょう。

しかし
一度恐怖心がついてしまうと
不思議なことにこの前にでる
という動作ができなくなってしまうのです。

前に出ることで
ボールに向かっていくことに
なるためイレギュラーで体に
ぶつかってしまった記憶が蘇り
体が硬直し足が止まり
打球を待ってしまうのです。

その結果
イレギュラーの確率が高まり
エラーをしてしまうのです。

この悪循環から抜け出すには
成功体験を積んでいくことが
大切です。

ゆるいバウンドからでいいので
前に出てバウンドを合わせて捕っていく
またショートバウンドでボールを
捕ることも大切です。

ショートバウンドでボールを捕ることが
できれば地面からバウンドしてすぐなので
イレギュラーしようが通常のバウンドだろうが
捕球をすることができます。

こうして順を追って考えてみると
結局は内野手の守備の基本である
なるべく前で打球をさばく
なるべくショートバウンドでボールをさばく
という技術がイレギュラーによるエラーを
防ぐには大切だということが
わかると思います。

確かにイレギュラーは
怖いですが足を止めることで
結局イレギュラーの確率を
高めてしまうので勇気を持って
前に攻めていきましょう。

PS
前に攻めると言っても
体を避けて一か八かで
グラブだけを出すような
捕球はどうしても急いでボールに
行かなければいけない高いバウンドや
弱い打球などには有効ですが
通常の打球をそのように
捕ってしまうと簡単な打球にも関わらず
ミスにつながってしまうことがあるので
正しい捕球姿勢で捕れるように
慎重に前へ攻めていきましょう。

セミナー動画一部を公開↓

フルバージョンは友達追加で
ご覧いただけます。
下記より友達追加を
お願いいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です