「シュッと振ってバーン」オノマトペと体の動き


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

「ポカポカ」
「ウトウト」
「スヤスヤ」

こうした実際に
音がないものを表す言葉を
擬態語や擬声語
またはオノマトペと呼びます。

このような言葉は
野球でもよく使われます。

「シュッ!」
「ズバ!」
「ギュッ!」
などなど

こうしたオノマトペを
使った指導で有名なのが
野球界のスーパースターであり
巨人の監督も務めた
長嶋茂雄さんです。

『球がこうスッと来るだろ。
そこをグゥーッと構えて
腰をガッとする
あとはバァッといって
ガーンと打つんだ。』

『シャーッときてググッと
なったらシュッと振ってバーンだ。 』

カーブの打ち方については、
『ボールがキューッとくるだろ。
そしてググッとなったら
ウンッっと溜めてパッ。』

このようにオノマトペを
フルに使い選手に指導を
行なっていたようです。

こうした指導や言葉から
長嶋さんの指導は
天才にしかわからない
とでも言わんばかりに
面白半分でメディアに
伝えられていました。

確かに野球を詳しく
知らない人にとっては
科学的な理論や研究が
進む現代において
このような指導をされたら
おかしいと感じたり
意味がわからないと思うかもしれません。

しかし
こうしたオノマトペを使った指導
本当にわかりづらいでしょうか?

野球に限らず
スポーツをある程度
やっている人であれば
分かるかもしれませんが
固定概念を抜きにして
考えてみるとこうした
指導は意外と正しい動作や
感覚を伝えるのに便利であり
実際伝わりやすいと感じるはずです。

そもそも良い動作とは
動作をしている本人ではなく
それ以外の人がみて感じるものであり
実際に体を動かしている本人にとっては
自分の動作を動画で撮影しない限りは
確認ができず
自分の感覚に頼って動作を行なっています。

その感覚も人それぞれ
微妙に違うところがあり
とても言葉で言いあらわせる
ものではありません。

こうした感覚に対しては
「シュ」
「バッ」
「サッ」
といった
オノマトペによる
感覚的指導が
案外向いているのかも
しれません。

以前テレビで
片手で卵を割ることが
できる魔法の言葉という内容を
放送していました。

その言葉とは
「キュッ」
「コンコン」
「カパッ」
というオノマトペでした。

「キュッ」
これにより卵を握りやすい
フォームが作られ

「コンコン」
で卵を叩くための
リズムがとりやすくなり

「カパッ」
で卵が開きやすく
なる適度な力が入るようです。

こうした現象は偶然や
気持ちの問題ではなく
脳の研究結果においても
こうした音をうまく使うことで
体をうまく動かすことが
できることが証明されている
ようです。

あたなも試しに
ものを動かそうと
するときに
「ふわっ」と言いながら
動かすのと
「さっ!」
と言いながら動かすのを
試してみましょう。

おそらく
「さっ!」
といって動かした方が
早くものを動かすことが
できたはずです。

こうしたことから考えると
長嶋さんのように声を出したり
オノマトペを使う指導は
野球の動きをよくするためには
理にかなっていると言えるでしょう。

今年広島から巨人に
移籍した2年連続MVPを受賞している
丸選手もバッティングで
「シュッ!」という声を出すことで
有名です。

これもおそらく
丸選手にとってはベストなスイングを
するためには重要なことなのでしょう。

選手である方も指導者である方も
このオノマトペをレベルアップのために
上手く活用してみては
いかがですか?

セミナー動画一部を公開↓

フルバージョンは友達追加で
ご覧いただけます。
下記より友達追加を
お願いいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です