動体視力を高めよう


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

一流選手に共通して
優れている能力があります。

あなたはどのような能力だと
思いますか?

私はそれは動体視力だと考えています。

この動体視力とは
一般的な視力とは違い
動いているものを目で正確に
捉える能力のことを指します。

この動体視力は面白いことに
視力が高いからといって
良いわけではなく
逆に視力が低いからといって
悪いとは限らないのです。

有名な話でいうと
先日引退したイチロー選手も
通常の視力自体は
それほど良くはなく
0.4ぐらいだそうです。

しかしイチロー選手は
動体視力が他の選手と比べて
異常に高い数値を叩き出したそうです。

では動体視力が高いと
具体的に何が良いのでしょうか?

まずは守備でいうと
投げられたボールを捕る動作に
動体視力が必要です。
ゆっくりとしたボールであれば
ボールを目で追うのは簡単なので
それほど動体視力は
必要とならないでしょう。

しかしボールが速くなればなるほど
動体視力は必要になってきます。

打球を追う時にも
この動体視力は必要です。

速い打球が飛んできた時に
瞬時にボールが飛んでくる
方向や落下地点を予測する必要がありますが
その予測には動体視力が欠かせない
ものとなっています。

また野球において
最も動体視力が必要なのは
バッティングです。

バッティングでは
18.44mの間を
ピッチャーが投げる
ボールを打つ必要があります。
高校野球でも最近では
140~150km台の速球が
当たり前のように
なってきており
変化球も昔に比べて増えてきました。

そんなボールに対応するためには
まずは正確にボールの動きを
目で捉える必要があります。

ストレートなのか?
変化球なのか?
ストライクかボールか?
これらをとても短い時間に
瞬時に判断する必要があるのです。

そうした時に動体視力がなければ
ボールを正確に追うことができず
打率が低くなってしまうのです。

よくとんでもないボール球に
手を出してしまったり
全くタイミングのあっていない
空振りをしてしまう選手は
もしかしたらこの動体視力に
問題があるのかもしれません。

動体視力には大きく分けて
二つの能力があります。

一つは上下左右の平面方向に
動くものを追う能力です。

この能力が高ければ
打撃では変化球などへの対応や
守備ではランナーの動きなどを
捉えることができるでしょう。

もう一つの能力は
奥から手前など
奥行き方向の動きを追う能力です。

これによりボールとの距離感を
つかむことができ
速い打球を捕ることができたり
速いボールを打つタイミングを
計ることができたりします。

ではこの動体視力を
上げるためには
どのようなトレーニングが
必要なのでしょうか?

そこでまず知ってもらいたいのは
目はどうやって動いているか?
ということです。

実は目の動きもその他の体と同様に
脳から指令が送られて
眼球近くにある筋肉が動いて
目を動かしているのです。

ということは
この筋肉の動きをよくしたり
神経と視覚そして体の動作
の連携をよくすることができれば
動体視力は上がっていくと考えられます。

本当かどうか真偽はわかりませんが
イチロー選手は幼少期から目のトレーニングの
ために車に乗っているときに
窓から見える動く車のナンバープレートを
目で見てその数字を全て足し算する
というトレーニングをしていたそうです。

走っている車は
速い車もあれば
遅い車もあります。
そうしたそれぞれの
車のスピードの合わせて
数字を目で追いそれを記憶して
計算する。

これをやってみて
どれほどの効果があるかは
個人差もありなかなか
検証は難しいかもしれませんが
車に乗る機会が多くあり
時間を持て余しているのであれば
試してみるのも
良いかもしれませんね。



セミナー動画一部を公開↓

フルバージョンは友達追加で
ご覧いただけます。
下記より友達追加を
お願いいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です