あなたは自分の子供に野球をやって欲しいですか?


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

日本の人口減少問題
少子高齢化問題
これらの影響もありますが
昨今野球人口の減少が問題となっています。

特に問題なことは
人口の減少率よりも
野球人口の減少率の方が
大きいということです。

つまり
人口が減っていなくても
野球離れは進んでいた
ということになります。

こうした問題の背景には
・勝利至上主義
・親の負担の大きさ
・環境
・時代錯誤の組織
などが原因ではないかと
ささやかれています。

このような状況を
知っているからこそなのか
野球をやってきた人ほど
「自分の子供には
野球をやらせたくない」
といったことを口にします。

こうした状況が続けば
いくら野球といえど
あぐらをかいているうちに
一気に衰退をしていってしまうことでしょう。

これは私の持論ですが
子供に野球をやらせたくない
という親ほど
ある程度高いレベルで野球をやってきた
のではないかと思います。

高いレベルに行けば行くほど
野球は厳しい世界になっていきます。
どのチームも勝つことが求められ
勝つための采配
勝つための選手起用が
行われます。

実力通り監督に使ってもらえればいいですが
実力関係なく明らかに理不尽に
起用されないこともあるでしょう。

また上下関係がいまだに厳しい
というチームもあるのが現状です。

そうした野球界の闇とも呼べる
所に直に触れて体験してきた人からすれば
その世界に大切な子供を送るわけには
いかないとなるのも当然でしょう。

しかし
高いレベルでやってきても
決して自分が試合に出れていなくても
「子供にも野球をやって欲しい」
と思っている人も多くいます。

そうした人たちは
おそらくその人たちにとって
とても素晴らしい環境で野球を
続けてこられたのでしょう。

その人たちに
「子供にも野球をやらせたい」
そう思わせたのは間違いなく
その人たちが野球をやってきた
環境にあります。
その環境とはチームメイトや
関わった指導者の方々でしょう。

こうしたことを考えると
指導者としてまず
選手に伝えなければいけないことは
「野球が楽しい」ということ
そして
「子供が生まれたら子供にも野球を
やって欲しい」と
思ってもらうことでしょう。

もちろん楽しいと
思ってもらうためには
ある程度の実力や技術を
持ってもらうことも
必要でしょう。

上手くなるために努力をする
試合に勝つために努力をする
チームで試合に勝つから楽しい
試合で良いプレーをするから楽しい

こうした体験を通して
野球が楽しいことを知ることが
できるでしょう。

そもそも野球とは
競技ではなく遊びから
始まるものでした。

誰にも指導されることなく
友達だけで自由に日が暮れるまで遊ぶ
そのうちに楽しくて
競技として野球を始めるようになる

最近では遊びの前に
競技としての野球をいきなり始めるケースが
多くあるようですが
この競技を始めた段階で
辛い厳しいチームで野球を始めることに
なったらどうでしょうか?

おそらくその子は野球の楽しさを
知る前に野球を辞めてしまうかもしれません。

ひと昔前であれば
そうした選手は
「根性がない」
「チームに必要ない」
とはじかれていたかもしれません。

しかし今そんなことを
してしまえば
そのチームはあっという間に
潰れていってしまうことでしょう。

逆に今そうした
楽しさや勉強との両立を
目指す中学のクラブチームが増えてきており
そうしたチームは他のチームよりも
部員数が集まってきているようです。

時代が変わる今まさに
野球界も大きく変わる必要がある
のではないでしょうか?

ひとまず私は
指導者として教えている選手が
大人になって子供ができた時に
子供にも野球をやって欲しいと
思ってもらえるように関わって
いきたいと思います。

セミナー動画一部を公開↓

フルバージョンは友達追加で
ご覧いただけます。
下記より友達追加を
お願いいたします!

“あなたは自分の子供に野球をやって欲しいですか?” への2件の返信

  1. もはや、「野球と言えど」なんて言っている状況ではありません。
    野球は他のスポーツを知っている子供にとって、複雑で理不尽極まりないルールを有するスポーツであると認識するべきです。(例えばフライの際の走塁)
    ただ複雑であると言うことは奥が深いと言うこと。そこまで連れていくのが低学年コーチの役割と思っています。
    自分達が毎日していた草野球の環境を提供するのが、少年野球チームの存在意義だと思います。

    1. コメントいただきありがとうございます。
      おっしゃる通り
      「野球と言えど」と言っていい状況ではありませんね。

      これからの子供達にも
      野球の奥深さを知ってもらうためにも
      色々と考えなければいけませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です