ノーサイン野球で得られるもの


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

前回サインプレーについて
(主に攻撃側の)
お伝えをしていきました。

チームとして
勝つ確率を上げるために
監督としてサインプレーを実行できる選手を
把握しておくことと
選手として試合に出るために
サインを実行するための技術・引き出しを
増やしておく
ということがポイントでした。

しかし、近年
高校野球で
「ノーサイン野球」
というキーワードが
騒がれました。

これは監督が選手に
サインを出さず基本的には
選手に全てを任せる
という戦い方でした。

そのチームは
バントのサインも
盗塁のサインも
エンドランのサインもなく
地方大会を勝ちぬき
甲子園にやってきました。

しかし、このチーム
バントは本当に最後まで
ありませんでしたが
盗塁やエンドランは試合で
たくさん決めていました。
監督からのサインもないのに
なぜこうしたことを行うことが
できたのでしょうか?

それは選手同士での
アイコンタクトや
サインプレーが
試合中にあったからだそうです。

選手たちは
自らの判断で
盗塁を決め
エンドランを決め
普通のチームであれば
バントの場面でも
あえてヒッティングを選んできたのです。

おそらくこうしたスタイルは
最初から成功したわけではないでしょう。

時には場違いなケースで
盗塁失敗があったり
無駄なエンドランでチャンスを
潰してしまうことも
あったのだと思います。

しかし
その失敗が
選手たちを成長させます。
なぜ盗塁をする必要があったのか?
なぜ盗塁してはいけなかったのか?
なぜヒッティングを選ぶべきだったのか?
どうしてエンドランではいけなかったのか?

こうしたことを試合後に
指導者がアドバイスをすれば
高校生ともなると
同じようなミスはしないでしょう。

こうした失敗の積み重ねが
本番で活きてきます。

普通のチームであったらどうでしょうか?
普通のチームの場合
監督が優秀であればあるほど
的確な場面で的確なサインを
的確な選手に対して出すことでしょう。

その結果サインは見事ハマり
チームに良い結果をもたらすことでしょう。
そうすると選手たちは
サインに対して受け身になり
成功だけが頭に残り
なぜ成功したのか?
なぜこの場面でサインを出したのか?
まで考えることがありません。

失敗を知らずして
選手は成長できるでしょうか?

例えば
信号を無視して
交通事故にあってしまった人は
その失敗の経験をもとに
その後信号を無視するようなことは
ないでしょう。

このように
失敗には1回の成功以上の
学びがあります。

こうして考えると
普段からサイン通りに
動くだけでは選手が本来の意味で
成長はできないかもしれません。

実際野球は監督のサインでプレーを
することは1試合でそう多くはありません。
サインプレーではなく
選手自身がとっさの
判断を求められることが
ほとんどです。

攻撃では
自らの打球方向の意識
球種やコースの待ち方
走塁の判断

守備では
細かいポジショニング
ボールを捕った後の送球
(これら全てをサインで出す
チームもあるかもしれませんが、、、)

こうした状況に直面した時
的確な状況判断を選手一人一人が
できているチームと
監督が指示を出さなければ
判断ができないチーム
どちらが強いでしょうか?

当然ですが
前者のチームの方が
強いチームとなるでしょう。

特に日本の野球の場合
一発勝負のトーナメント形式で
公式戦を行うことが多くあります。
一発勝負では
何が起こるかわかりません。
普段起こり得ないことが
平気で起こる時こそ
選手一人一人の的確で冷静な
状況判断が求められてきます。

そうした選手を一人でも多く
チーム内で生み出すためにも
ノーサインで試合に取り組み
選手同士で作戦を決めるというのも
時には面白いかもしれません。

PS
遊びで行う野球では
監督もいなければサインもなく
それぞれがそれぞれ好きなように
プレーを行なっています。
そうした時には意外なアイデアや
面白い作戦が生まれたりするものです。

少年野球でサインプレーのあり方を
ある程度知っておく必要もありますが
柔軟な発想を持つためにも
小学生の頃はノーサインでやらせてみるのも
面白いと思います。

セミナー動画一部を公開↓

フルバージョンは友達追加で
ご覧いただけます。
下記より友達追加を
お願いいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です