サインプレー〜サインを出される側〜


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

前回はサインプレーの
特にサインを出す側の考えについて
お伝えをしていきました。
今回はサインを出される選手側の
考えをお伝えしていきます。

まずサインを出される側の
選手が考えなかればいけないことは
自分にどれだけの引き出しが
あるかということです。

前回お伝えした通り
監督は基本的に
選手の特徴や技量に応じて
それぞれにサインを出します。

つまりそれは裏を返せば
監督がサインを「出さない選手」は
サインを「出せない選手」ということです。

相手チームとしたら
サインを出せる選手が多いチームと
サインを出せない選手が多いチーム
どちらが嫌でしょうか?

それは間違いなく
サインを出せる選手が
多いチームでしょう。

ということは
監督は必然的にサインを
出しやすい選手を優先して
起用することになります。

こうした理由から
あなたがもしレギュラーとして
試合に出たいのであれば
様々な状況でどんなサインを出されても
それに応えられるだけの引き出しを
持っておくことが大切になるでしょう。

具体的には
足が速くて盗塁ができ
ミートが上手くエンドランも
打球方向の打ち分けもでき
バントも無難にこなすことができる
といったところでしょう。

チームが強ければ強いほど
こうした技術を満遍なく
引き出しとして持っていなければ
試合に出ることはできません。

またレベルが上がれば
周りの選手みんなが
同等もしくはそれ以上の
技術を持っているため
その高いレベルの中で技術を競う
必要が出てくるでしょう。

あなたも
チームのためにも
あなた自身のためにも
自分自身の引き出しを増やすように
努力をしておきましょう。

PS
もちろん全ての
技術を持っていなくても
何か一つ誰にも負けない
技術を持っていれば
試合に出られる可能性はあります。

「足が誰よりも速い」
「バントが上手い」
「ミートが上手い」
など

そうした長所は
試合で存分に発揮できるように
磨き上げておきましょう。

ちなみにプロ野球選手に
なるために必要な能力は
以下のように言われています。
まず大前提として
走攻守全ての能力が平均
もしくはそれ以上であることに加え
その中で何か一つでも
飛び抜けた才能を持っている選手であること

つまり得意分野だけでは
プロ野球選手にはなれず
全てが満遍なく平均以上であっても
選手としての魅力が足りないということです。

本気で上のレベルを目指すのであれば
何か一つでも誰にも負けない武器をもち
それと並行して全ての能力を
平均以上にこなせるようにしておきましょう。

セミナー動画一部を公開↓

フルバージョンは友達追加で
ご覧いただけます。
下記より友達追加を
お願いいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です