先を見据える力


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

野球において必要な
力はなんでしょうか?

・足の速さ
・体力
・肩の強さ
・筋力

こうした項目は
数字や見た目で
判断をつけることが
できるため
分かりやすく野球に適しているか
そうでないかを図ることはできるでしょう。

しかしながら
最も重要な能力は
こうした目に見えるものではないと
私は考えています。

私の考える
野球に必要な能力とは
先を見据える能力です。

具体的に例を挙げて
考えて見ましょう。

例えば
あなたが守備についている時
アウトカウントやランナーの有無
という事前の情報をもとに
先のプレーを見据えた
行動を取ることが必要になってきます。

こっちに打球が飛んできたら
どうするのか?
ランナーが走ってきたらどうするのか?
違う方向に飛んでいった場合はどうするのか?

これらを事前に考えて置かずに
その場で判断をすることは
とても難しいことでしょう。

プロ野球選手であっても
何も状況を知らずに
目隠しをして守備につき
打球が飛んでくる瞬間に
目隠しを外したとしたら
仮にボールを捕ることができても
適切な判断ができないため
ランナーがいるのに全く違うところに
送球をしてしまうかもしれません。

攻撃でも同じことが言えます。

試合展開やアウトカウント
守備体系
時には打席でのカウントに
よって自分が打つべき方向や
自分のしなければいけない
仕事をこなそうとします。

レベルが上がってくれば
配球を読んだりするなど
様々な状況から
先を見据えた行動を
とることが必要になってきます。

こうした先を見据えることが
できない選手は
いくら運動神経が良く
抜群の体格を持っていても
それを試合で活かすことはできないでしょう。

少年野球を見ていても
こうした先を見据えた行動が
取れている選手はいるので
周りから見ても
「センスがある」と感じるのでは
ないでしょうか?

ですが
小学生では
どうしても先を見据えることが
できないものがあります。

それは将来の自分の野球人生です。

小学生は少年野球の経験しか
ありません。
その為中学野球や高校野球
または大学野球やプロ野球の世界の
情報はほとんどないといっても
いいでしょう。

そうした経験がないにも関わらず
先を見据えて
将来のためにできることを
今から実践することは
可能でしょうか?

それは間違いなく
小学生では不可能です。

例えば
将来のために
ストレッチや球数を制限しよう
と自ら考えられる小学生がいるでしょうか?

いるわけがありません、
だからこそ大切なのは
周りにいる大人達です。

中学野球や高校野球
さらには大学野球や
社会人野球やプロ野球のために

何をすべきなのかは
仮にその世界の経験がない
大人でも調べることや
知っている人に聞くことが
できるはずです。

おそらく
野球に限らず
大人の人であれば
小学校の頃に
あれをやっていれば
といった思いや経験を
したことがあると思います。

それと同じように
野球には小学生の時に
すべきことというのが
ある程度決まっています。

それは決して
・試合に何としても勝つこと
・厳しいトレーニングをすること
・いっぱいボールを投げること
・いっぱい走りこむこと
・たくさんバットを振ること
ではありません。

もちろんこれが全てという
正解はありませんが
試合に勝つために
厳しく指導をしたり
結果を求めすぎてしまうことは
少年野球には必要がないことでしょう。

小学生は人生経験が少ないため
目の前のことに一生懸命に
取り組んでしまいます。
これはいいことですが
一歩間違えば
小学生や中学生で
野球のピークを迎えてしまい
そのさきで活躍ができなくなって
しまう可能性があります。

ぜひ少年野球に親子で取り組んでいる
という方は
プレーでの先を見据えた
考える力と同じくらい
将来を見据えた今すべきことを
考えて見て欲しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です