「ボールから目を離すな」は間違い?part2


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

前回
「ボールから目を離すな」
という言葉に対して
安全や確認のためには
この注意は間違いないが

良い選手ほど
目を離している時間が
長いということを
お伝えしていきました。

その例として
サッカー選手は一流選手ほど
ボールをもらう前に「首振り」をすることで
情報探索をし、パスをもらった瞬間に
最善の選択ができるというお話をしていきました。

では今回は
そのサッカーにおける首振りが
野球においてボールから目を離した方が良い
ということにつながってくるのか?
をお伝えしていきます。

まず前提として
プレーをする中では
ボールをみている時間の方が
圧倒的に長いです。

ですがボールだけしかみていない選手は
良いプレーをすることができません。
その理由はサッカー同様
野球においても情報探索が
必要になってくるからなのです。

具体的な例をあげて考えてみましょう。

まず代表的な例が
ランナーに出た時です。
この時気をつけなければいけないことは
ベースから離れているときに
ピッチャーやキャッチャーから牽制を
もらってもアウトになってはいけない
ということです。

しかしだからと言って
ずっとボールの行方ばかりを
追っていてはいけません。

ここで行うべき行動は
ボールを追うことではなく
ベースを踏んだ状態で
周りを見渡し
外野の守備位置や内野の守備位置を
確認することです。

この情報探索行動により
打球が自分の背面にフライで飛んでいっても
ある程度守備位置をイメージできているため
いちいち打球を確認することなく
スタートもしくはバックの選択をすることができるのです。

もしこの時
守備位置を確認していなかったら
どうなるでしょうか?
その場合は
毎回打球を目で追い
外野が捕れないもしくは捕れる
ということを確認してから
スタートを切らなければいけなくなってしまうため
スタートが遅れてしまうのです。

一点を争う状況の場合
このミスは大きく響いてしまうでしょう。

そのほか
守備の時にも
この情報探索の時間は
役に立ちます。

外野手や捕手の場合は
基本的にはボールのあるところを
みていればある程度全体を見渡すことが
できますが
ピッチャーや内野手は
背面の外野の守備位置などは見ることができません。

なのでランナーにいる時と
同じく毎回守備位置などを
後ろを振り返って確認する必要が
あります。

また中継プレーの時などは
さらに情報探索が重要になってきます。
中継プレーの内野手において大切な
情報はランナーの動きです。

外野に抜けた打球などの
中継に入るために
打球を追いかけつつ
カットの位置に入っていく
必要がありますが
その時ボールだけをみるのではなく
後ろを振り返りランナーの動きを
確認していきましょう。

中継してバックホームをして
間に合うタイミングなのだろうか?
ランナーはスタートをきっているのだろうか?
ということを少しでも見ることができていれば
外野手からボールを受け取った時
瞬時に投げるべき場所を選択することが
できます。

間に合うと思えば
3塁や本塁に迷わず送球し
間に合わないと思えば
バッターランナーを刺すために
2塁に送球をしたり
偽投をいれてから2塁へ送球をしたり

さらにはクロスプレーでアウトには
できなさそうだけど
次の塁にも進まなそうな時は
オーバーランを狙ってあえてテンポを
遅らせて送球をするなど

色々な選択をすることができます。

もし仮に
中継に入る時に
ランナーの動きをみていなかったら
どうなるでしょうか?

その場合は
全ての判断を捕手などの指示任せや
ボールを受けて振り返ってから
一瞬で判断をしなければ
いけないのです。

これでは正しい判断をすることは
不可能に等しいでしょう。

また自分を守るための
テクニックとして
オススメしたいのが
余裕でとることができる
高いフライの時のテクニックです。

余裕でとることができる
フライの場合
複数のポジションの選手が
捕球をするチャンスがあります。

こうした時に怖いのが
野手同士の接触です。
これはフライから「目を離さない」ことによって
視野が狭くなり起こってしまう
危険なプレーです。

接触の仕方が悪ければ
大怪我につながりかねない
プレーですが
これを防ぐためにも
私は落下点に入れると確信をしたら
自分がとることを声でアピールしつつも
一度ボールから目を離し
誰もボールを取りに来ていないかを
確認していました。

私は内野手でしたので
この時誰も来ていなければ
自分で捕りに行き
周りを見て外野などが捕球体勢に
入れていれば声を出していても
切り替えて後ろにいる外野がとるように
促していました。

内野の間のフライにおいても
打球が上がった瞬間に
アイコンタクトをとることができると
誰が取りに行くのか明確になるので
ミスも生まれずらかったりします。

こうした理由から
私は情報探索をするためにも
ボールに集中しつつも
状況に応じてボールから目を離して
多くの情報を頭に入れて
瞬時の判断をすることをオススメしています。

あなたもぜひ試してみてください。

ps
前回もお伝えしましたが
バッティング練習の時などは
危険が付きまとうので
バッターが打つ時はボールから目を離さないように
注意をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です