「ボールから目を離すな」は間違い?


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

よく野球の練習をしていると
このようなことを言われたり
聞いたりしたことがありませんか?

「ボールから目を離すな!」

この言葉は
どういう意味かというと
常にボールがどこにあるかを
目で追って確認することで
守備では打球を追ったり
走塁では牽制で
アウトにならないようにしたり
相手に隙があれば先の塁を
狙ったりするという意味で使われたり

単純にバッティング練習などで
目を離すとボールにぶつかってしまうので
安全確保のためにも
目を離すなと言われたりします。

もちろんこうした意味での
「ボールから目を離すな」
という言葉は間違いではありません。

しかし
良い選手ほど
実はボールをみている
時間というのは
少なかったりするのです。

これは一体
どういうことでしょうか?

ここで先日出ていた
サッカーに関する
記事を紹介いたします。

一流のサッカー選手は
「首振り」と呼ばれる動作を
試合中に行います。

この首振りが行われるのは
自分がボールを
保持していない時です。

ではなんのために
一流選手は
首振りを行うのでしょうか?

それは情報探索のため
と言われています。

例えば
サッカーにはノールックパス
と呼ばれるテクニックがあります。

これはボールを持っている選手が
みている方向とは全く逆の方へ
パスを出す技です。

これにより
相手のディフェンスは
パスへの反応が遅れ
攻撃側は
チャンスを作り出すことができるのです。

ここで重要なのは
なぜノールックパスを
的確に出すことが
できるのかということです。

人間の目は正面にしか付いていないので
ノールックパスを的確に出すためには
後ろにでも目がついていない限り
一見不可能と感じるでしょう。

勘の良い人であれば
もうすでにお気づきかもしれませんが
一流選手がノールックパスを
出すことができる
理由はパスをもらう前の
首振りによる情報探索の時間が
あるからなのです。

つまり
ノールックパスを出すメカニズムは
自分がパスを受けるまでの間に事前に
首振りをし「ボールから目を離し」
相手のディフェンスはどこにいるのか?
自分の味方はどのような動きをしているのか?
どこにパスを出せばチャンスが生まれるのか?
といった情報を集め
最善のイメージが浮かんだ瞬間に
パスをもらえる位置に自分から移動していき
パスをもらった瞬間にワンタッチで
全く目でみていない選手へ
パスをすることができるのです。

ノールックパス以外にも
これを応用することで
パスをもらってから
ワンタッチで相手を抜くドリブルができたり
最もチャンスが広がるスペースへと
パスを送ることができるようになるのです。

では仮に首振りをせず
ボールだけをみていたら
どうでしょうか?

その場合は
ボールをもらってから
ドリブルをするのか?
パスを出すのか?
キープをするのか?

という判断をしなけらば
いけなくなってしまいます。
しかもこの判断を
ボールをコントロールした状態で
行うことはトップレベルの選手でも
難しいことでしょう。

こうした
首振りの動作は
メッシ選手やイニエスタ選手など
一流の選手に多くみられ
多い選手ではそうした情報探索の
時間を0.8秒近く持っているそうです。

つまり1秒近くボールから
目を離した状態ということです。

ではこのサッカーの
首振りが
野球にどうつながっていくのでしょうか?

それについては
また明日お伝えしていきます。

ぜひあなたも
自分なりに考えてみて答え合わせを
してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です