法政高校VS早稲田実業高校


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

先日東京都の春季大会の
観戦をしてきました。
対戦カードは母校である法政高校と
全国制覇の経験もある
早稲田実業との試合でした。

同じ東京六大学の
付属校同士の対戦ですが
実績や実力では
圧倒的に早稲田実業が上
ということは間違いないでしょう。

早稲田実業は強豪校であり
練習環境や選手層の厚さにも
恵まれており今大会も
シード校として臨んでいました。

一方法政高校は
旧法政一高時代に
甲子園への出場経験こそあれど
野球部の専用グラウンドもなく
野球部への推薦入学も
行なっていないため
ほとんどの選手が
受験をして入部をしてきます。

今大会も予選を勝ち上がり
本戦に出場しここまで
5連勝と一戦ずつ接戦を
勝ち上がってきました。

結果は3-11のコールド負け
と悔しい結果となってしまい
惜しくもベスト8進出を逃してしまいました。

しかしながら
中盤戦は互角に戦い
大きなミスもなく
堂々とした戦いぶりを
見せてくれました。

最終的に点差はついてしまいましたが
内容的にはそこまで悪い内容ではなく
これからの夏に期待を持てるものでした。

専用グラウンドもなく
推薦もなく
練習時間も限られる中
ここまでの内容で
早実と戦えるチームも
そう多くはありません。

またこうした環境だからこそ
強豪校を倒した時の喜びは
大きいものとなるでしょう。

法政高校の選手には
この経験を生かしそれぞれの課題に
取り組み夏を悔いなく迎えて欲しいと思います。

そして勝ち上がれば
必ずまた早稲田実業との
再戦が実現することでしょう。

今回の結果を受けて
法政高校は
おそらく夏をシード校として
向かえることになります。

シード校となったことを自信に
しつつも今回の悔しい敗戦を
次に活かして
「勝つためにはどうしたらいいのか」
を突き詰めていって欲しいと
思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です