野球のトレンドとは?


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

〇〇シフト
と聞いてあなたは
何を思い浮かべますか?

バントシフト
と真っ先に思い浮かぶ人が
多いと思いますが
古くから「王シフト」
のように強打者に対して
ヒットを防ぐために
独自の守備体系を引くときにも
使われたりしています。

特に最近では
メジャーリーグで
大胆な守備シフトが引かれ
セカンドベースの真後ろに
選手が守っているということも
決して珍しくはなくなってきました。

こうした大胆な守備シフトの
流れは日本にも徐々に浸透してきており
今年からは日本ハムなどを中心に
大胆な守備シフトを引くことが
多くなってきました。

さてこうした
守備シフトは
何を根拠に守る場所を
決めているのでしょうか?

それは膨大な打席結果のデータから
取られています。

プロ野球であれば野手の場合
1年間で500回以上打席にたつ機会があります。
その打席結果のデータが蓄積していくことで
打球方向の傾向が見えてきます。

細かく分けですとキリがありませんが
左右別の打球方向や
球種別の打球方向など
様々なデータが割り出されてきます。

このデータを元に
守備シフトを決めていくのが
基本となります。

こうした流れにより
バッターはゴロで内野の間を抜き
ヒットを打つことが難しくなってきました。

それを受けて生まれたのが
フライボール革命です。

簡単に言えばゴロヒットの
確率が低ければ
フライを上げた方が
ヒットの確率が高いということです。

これによりメジャーリーグでは
本塁打数が大幅に増えましたが
それ以上に三振数が増える
という現象に陥っています。

これが良い流れなのか
悪い流れなのかは
判断が分かれるところですが
こうした一種の「トレンド」は
これから先も移り変わっていくことでしょう。

例えば
本塁打を打たれないために
本塁打が一番打たれづらい
というデータが出ている
カーブを多く投げるピッチャーが
増えてきたり
そのカーブを打つのが上手い選手が
重宝されるようになったりなど

ただ言えることは
その時代のトレンドをいち早く
感じ取り採用していくチームが
優位であるということです。

どこかのチームが始めたから
自分のチームも始める
しかしその頃にはトレンドは
変わっているかもしれません。
これではいつまでたっても
自分のチームが優位にたつことは
ありません。

プロ野球の世界以外でも
同じようなことが言えるでしょう。

アマチュア野球の世界では
そこまでデータを深く使うというよりも
まずは選手のレベルアップが第一です。

その上で試合を行うとなると
必ず両チームには実力差が
あるため実力で劣っているチームは
勝つための工夫が必要になってきます。

その工夫の選択の1つとなるのが
トレンドです。
ディレードスチールや
セーフティースクイズ
さらには
強打者を2番におくなど
時代ごとに様々なトレンドが
ありますが多くのチームが
流行り始めてから
取り入れるというスタンスです。

真似をすることは
良いことですが
一歩先に立ちたいと
考えれば自らのチームが
トレンドを作り出す必要が
あります。

これはそう簡単にできる
ことではありませんが
もしトレンドを自らのチームで作ることが
できれば他のチームに真似されるまでは
試合を優位に運ぶことができることでしょう。
ぜひあたなも新たなトレンドを
考え試してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です