東京六大学野球開幕


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

先日東京六大学野球が開幕しました。
六大学野球は
早稲田大学、慶應大学、法政大学、明治大学
立教大学、東京大学の6つの大学
からなる日本の学生野球界で
最高峰のリーグと言われています。

出場選手の出身校を見ると
どこも甲子園の常連校ばかりで
甲子園のスター選手も多く在籍しています。

また聞き馴染みのない高校であっても
そうした強豪ぞろいの中からレギュラーを
勝ち取った選手は相当な実力者と言えるでしょう。

こうしたトップレベルで注目度も高い
リーグということでドラフト会議では
毎年のように六大学から指名を受ける選手が
出てきます。

今シーズンの注目は
法政大学が連覇を成し遂げられるか
ということと
早稲田大学が元プロ野球選手の
小宮山さんを新たに監督に迎えて
どのような試合を繰り広げるか
ということです。

早稲田大学と法政大学は
現在優勝回数が45回と1位タイ
で並んでいます。

その他の大学も
明治39回
慶應36回
立教13回
東大0回

と東京大学を除けば
実力は非常に拮抗しており
一人のスター選手の
存在によっては全ての大学に
優勝のチャンスがあるといって
いいでしょう。

昨年甲子園で春夏連覇を成し遂げた
大阪桐蔭の主将の中川選手も
今年春早稲田大学に入学しました。
中川選手が1年生から試合に出場し
活躍をすることができるか
というのも高校野球ファンの人からすれば
注目の1つかもしれません。

未だ優勝のない
東京大学も今では100人
近い部員が在籍しており
力をつけてきています。
特に今シーズン東大は
ユニフォームの大幅変更が
行われ変革期にあるようです。

他の大学とは違い
推薦などがないため
高校時代のスター選手はいませんが
全国から文武両道を目指す
選手たちが入部してくるため
他大学と接戦を繰り広げることも
決して珍しくはありません。

大学野球の魅力は
リーグ戦であるということです。
勝ち点制のため最低でも
同一カードを2試合行います。

1勝1敗なら第3試合が
引き分けがあればさらに
もう1試合と先に2勝するまで
試合が続きます。

ここで必要になってくるのは
投手力とその層の厚さでしょう。
2連戦3連戦となってくると
毎回一人のピッチャーに
頼るわけにはいきません。

そのためどこの大学も
第1戦の先発と第2戦の先発を
用意しそれぞれの試合で
リリーフピッチャーを待機させています。

大学野球が面白いのは
投手が完全に分業制には
なっていないことです。

プロ野球の場合
先発は先発、リリーフはリリーフ
クローザーはクローザーと
はっきり分かれており
シーズン中に大きく入れ替わることは
ありませんが
大学野球の場合は
調子がよければリリーフピッチャーが
次の試合の先発ということも
十分にありえます。

もちろんエースや継投を
固定できているチームの方が
安定感があり優勝に近づくのですが
短期決戦のため調子の良い選手を
どんどん使っていくのが鉄則となっています。

またリーグ戦で面白いのは
打率や防御率、勝率や本塁打数など
各大学の選手同士で競うことが
できるという点です。

シーズン終了後には
首位打者や最優秀防御率賞
ベストナインなどの表彰も
行われます。

最下位チームから首位打者が出ることも
あり得るのでチームの順位だけでなく
個人記録も見所となるでしょう。
こうした個人記録の争いは
東京六大学のホームページにも
記載されているのでぜひ一度
ご覧人なってみては
いかがでしょうか?

ホームページはこちら

また大学野球をみたことがない
という方もこの機会に神宮球場へ
足を運んでいただき
レベルの高さを実感していただければと
思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です