ポジションごとの守り方〜ショート上級編〜


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

今回はショートのプレーの中でも
特殊なプレーでについて
お伝えをしていきます。

まずはランナーが2塁にいる場合の
プレーです。

この時考えなければいけないことは
・ヒッティング
・バント
・盗塁
大まかに以上になります。

まずヒッティングの場合
内野を抜けるヒットの場合は
ランナーがホームへ生還してしまう
可能性があります。

そのため
いかに牽制などで
ランナーを引きつけておき
リードを小さくさせるかが
重要になります。

ほんの少しでも
スタートやリードを減らすこと
ができればホームでアウトにできる
確率は高くなるでしょう。

次にショートの飛んできた
ゴロの場合です。

この時重要なのは
打球方向とランナーの動きです。

ランナー2塁の場合
ランナーのセオリーは
セカンドベース寄りの打球は
3塁へスタート
三遊間寄りの打球はバックし
レフトへ抜ければスタートになります。

なぜならば
三遊間の打球で3塁へスタートを
切ってしまうと
ショートに捕球された時
3塁へ送球されれば
アウトになってしまうからです。

つまりショートとしては
セカンドベース寄りの打球の場合は
1塁へ送球をし
三遊間寄りの打球の場合は
ランナーがスタートを切っていれば
3塁へ送球
ランナーが2塁へ戻っていれば
1塁へ送球となります。

もちろんセカンド寄りの打球であっても
ランナーのスタートが遅れていたり
速い打球であった場合は
3塁へ送球しても構いません。

しかしリスクの高いプレーでもあるので
確実にアウトにできると判断した
時だけにしましょう。

1,2塁の場合は
ダブルプレーを狙えるチャンスがあります。

正面の打球やセカンド寄りの打球の場合は
2塁ランナーを気にせずに迷わず
2塁でダブルプレーを狙いましょう。

三遊間寄りの打球の場合は
ダブルプレーをとることが
難しいと判断したら
3塁へ投げて
フォースプレーを狙いましょう。

この時注意をしなければいけないのは
タイミング的にはサードで刺せると思っても
サードが打球を追いかけて
サードベースについていないことがあります。

こうした時は難しいですが
打球とランナーさらないはサードを
視野に入れた上で
サードに投げるのかセカンドに投げるのか
もしくはファーストに投げるのかを
的確に判断しましょう。

また1,2塁のケースで
セカンドに打球が行った時は
4-6-3のダブルプレーが狙えるため
セカンドベースへショートが
カバーに入ります。

しかし打球やバッターランナーの
走力によってはファーストでアウトにできない
場合があります。

こうした時は
あえてファーストには投げずに
セカンドベースでフォースプレーを
取った後にファーストへ擬投をし
サードに投げて
2塁ランナーが3塁ベースを回って
オーバーランしている隙を狙うように
しましょう。

ショートは状況に応じて
またランナーの動きに応じて
様々なプレーヤ判断を求められますが
それができるのは
基本的な捕る投げるという
動作があってこそです。

状況判断とともに
基本動作を怠らないように
意識していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です