ポジションごとの守り方〜ショート初級編〜


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

今回は遊撃手=ショートの
守備の基本について
お伝えしていきたいと思います。

ショートは
守備の花形とも言われ
守りの要としてチームの
守備の中心である必要があります。

一般的には
守備の最も上手い選手が
守るというイメージがありますが
実際にはどのような特徴があるのか
を考えていきましょう。

まずショートの守備位置は
下図に記した通りです。

ショートはサードよりも
深く守っているため
打者からの距離は遠く
1塁までの距離も遠くなっています。
そのため守備範囲が広くある必要があり
さらに送球のための肩の強さも
必要になってきます。

特に三遊間の打球に関しては
送球方向とは反対方向に走って
捕球をした後に強い送球を
素早く行わなければ
せっかく打ち取った打球も
アウトにすることができません。

またショートは
フィールドの中心にいるので
中継プレーやダブルプレー
などの連携プレーで重要な役割があります。

つまりまとめると
・肩が強く
・足が速く
・良い体勢で捕球をすることができ
・持ち替えが素早く
・捕ってから投げるまでが速く
・試合展開に応じた的確な判断力
以上が必要になってくるのです。

こうして考えると
ただ単純に守備が上手いだけではなく
アウトにするためには
身体能力や頭も必要になってくるので
それらすべてが集まって初めて
ショートというポジションを
務めあげることができるのです。

ショートは常に
速さを求められるポジションです。
おそらく最も内野安打を
許す確率が高いのが
ショートのポジション
ではないでしょうか?

速さを出すためには
先ほどもお伝えした通り
なるべく速く打球に追いつき
捕ってから素早く送球まで持っていく
必要があります。
またそれだけではなく
時には逆シングルのキャッチや
ランニングスローを駆使しなければ
せっかく打球に追いついても
アウトを取ることができません。

このように
ショートは守備の面で
あらゆる技術が集約されている
ポジションです。
やることが多くありますが
基本的には他のポジションと同じで
丁寧に1つずつプレーをしていくことが
大切です。

難しいポジションだけあって
やりがいがあるのもショートという
ポジションの特徴です。

ぜひあなたも
内野手をやっているのであれば
ショートを目指して
守備を極めて行って欲しいと
思います。

次回からは
バントや盗塁などの際の
ショートの基本的な動きや
考え方について
お伝えをしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です