ポジションごとの守り方〜セカンド上級編〜


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

今回はセカンドの守備の
上級編として
ダブルプレーの動きに
ついて確認をしていきます。

セカンドでのダブルプレーにおいて
2塁手は大きく分けて
2通りの動きがあります。

1つは自らが
打球を捕球し2塁へ送球をする
4-6-3のダブルプレーと
サードもしくはショートが
打球をさばいた時に2塁ベースに入り
フォースプレーを取った後に
1塁へ送球をする
5-4-3もしくは6-4-3のプレーです。

まず自身が打球をさばく場合
ダブルプレーを狙う場合ポジションは
定位置よりもやや前2塁ベース寄りに
構えておきます。

打球が飛んだ方向によって
または捕球体勢によって
様々な形で2塁に送球を行う
必要があります。
・トス
・バックトス
・グラブトス
・ターン
・反転スロー
これら全てを練習しておき
全ての精度を高め
さらに飛んできた打球に対して
とっさにどれを選択するのかを
判断する能力も高めておくように
しましょう。

チーム練習のシートノックだけでは
そこまで練習をたくさんできないので
自主練習などでとことん練習を
していくことが大切です。

次にセカンドが2塁ベースへ
入りフォースプレーを
行う場合です。

この時も細かく分けると
様々なパターンがあります。
まず1つ目は右足でベースを踏み
前に少し伸びてフォースプレーを行う
プレーです。

弱い打球の時や
三遊間の打球や3塁線の打球の
場合は2塁のフォースプレーが
ギリギリになってしまうことが
あります。

こうした時はまず1つアウトを
取るためにも右足でベースを踏み
少し伸びて捕球をする必要があります。

この時バッターランナーを
させると思えば
当然1塁へも送球を行なって
いきましょう。

もう1つの方法は
左足でベースを踏み
ワンステップでボールを投げる
方法です。

これは最も素早く
ダブルプレーを行える
方法です。

なぜならば
右足でベースを踏んでしまうと
1塁へ送球をするためには
左足→右足→左足で送球をしなければ
いけませんが
左足でベースを踏んだ場合
ベースを踏みながら
捕球と同時に右足を地面につけば
右足→左足で送球を行うことができるため
ワンステップ早く送球を行うことが
できるからです。

この時ステップが早くなることで
グラブから右手へボールの
持ち替えを行う時間が短くなるので
持ち替えを早く行えるように
練習をしておきましょう。

もう1つのパターンとしては
ショートが2塁ベースの後ろに
回り込んで打球を捕った場合です。
この時は左足でベースを踏みながら
送球を受けたらその左足を後ろに
踏み出し1塁へ送球を
行いましょう。

この他にも
ダブルプレーの方法は
様々あり正解というものは
ありませんが
正確に素早くアウトにするために
どんな状況にも対応できるように
様々な状況を想定した練習を
しておきましょう。

注意をしなければいけないのは
フォースプレーの際に
まず確実に1つアウトを取るということです。

1塁に早く投げたい気持ちは
理解できますが
それによって相手からの送球ミスを
カバーできなかったり
持ち替えミスをしてしまったり
することがあるので
まず送球をしっかりと確認し
悪い送球がきた時は
まず正確な捕球を優先し
1つアウトを取るようにしましょう。

またピッチャーゴロの場合は
基本的にはショートが2塁ベースに入りますが
ショートよりの打球の場合は
ショートが打球に反応してベースに
入れないことがあるので
そうした時は瞬時の判断で
セカンドが2塁ベースに入り
ダブルプレーを取るようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です