ポジションごとの守り方〜セカンド中級編〜


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

前回はセカンドの基本的な
特徴などについてお伝えをしていきました。
今回はセカンド特徴的な動きである
バントや1塁へのカバーリングについて
お伝えをしていきます。

まず無死ランナー1塁
1死ランナー1塁での
バント処理での動きですが
基本的には
セカンドは1塁へベースカバーに
向かいます。

何故ならば
一塁手はバント処理に向かってしまう為
1塁ベースがガラ空きになってしまうからです。

セカンドがしっかりとベースカバーに
向かうことができれば
バントの打球を
1塁に送球しバッターランナーを
アウトにすることができます。

バントが予想される時は
定位置よりも前進し少し1塁よりへ
ポジションを移します。
それにより1塁へのカバーをしやすくなります。

逆に定位置のまま
守っているとバントをされてからでは
1塁に間に合わない為
オールセーフになってしまう
可能性があるので
注意をしましょう。

またバッターの動きを見ながら
完全にバントの構えを見せたら
打球が飛んでくることはないので
1塁へダッシュを
行うようにしましょう。

ここで注意をしなければ
いけないことは
バスターやヒッティングです。

バントの構えを見せていても
投球と同時にバットを引き
ヒッティングに切り替えてくる場合が
あるのでバッターの動きには集中し
注意をしましょう。

ヒッティングに切り替えてきた場合は
その場で止まりダブルプレーに備えましょう。

ランナー2塁の場合のバントも
同じように一塁手が
バントを捕りに前進を行うので
セカンドが1塁ベースをカバーするように
しましょう。

またランナー1塁,ランナー2塁の
どちらのケースでも
言えるのですが1塁のベースカバーに
入ってボールを受けた後は
すぐに先のランナーの位置や動きを
警戒するようにしましょう。

油断をしていると
さらに先の塁を狙われてしまうので
注意が必要です。
逆に相手のランナーに油断があれば
オーバーランを狙って
素早く送球を行える準備をしておきましょう。

1塁へのベースカバーは
ランナーが3塁にいるときも
考えられます。

ランナーが3塁にいるとき
打球がファーストに飛べば
ファーストはバックホームを
行います。
その際ファーストが1塁にはすぐに
戻れない可能性があるので
1塁にセカンドが入り
ホームゲッツーなどに
備えるようにしましょう。

また意外と忘れがちですが
1塁牽制やランナーなしでの
サードゴロやショートゴロ
ピッチャーゴロの場合も
セカンドは1塁へカバーに走る必要が
あります。

このカバーは実際にベースに入るのではなく
ファーストの後ろにカバーに入り
悪送球や捕球ミスに備える為です。

セカンドはカバーに入ることが
できていれば万が一の時に
ランナーに先の塁へ進まれる
可能性が低くなるので楽をせずに
走るようにしましょう。

またカバーに入る位置は
上図のように
送球の延長線上に
くるように入っていきましょう。

打球によっては完全なカバーは
間に合わないこともありますが
抜けてしまえばどっちにしろ
ボールを追う必要が出てくるので
少しでも早く抜けていった
ボールに追いつけるように
全力でカバーに入りましょう。

次回はダブルプレーに
ついてお伝えしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です