ポジションごとの守り方〜セカンド初級編〜


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

今回は二塁手=セカンド
の守備の基本的な知識について
お伝えしていきたいと思います。

セカンドは内野の中でも
特に動きが多く
様々なプレーに絡んできます。
その為チームの中でも
比較的守備力の高い
選手が守ることが多いポジションです。

まずセカンドの守備位置は
以下の通りです。

セカンドは
ファースト、サードに比べると
打者からの距離が遠くは
なっていますが
その分カバーをしなければいけない
守備範囲は広くなっています。

他のポジションとかぶる
部分もありますが
打球によっては
以下の範囲をカバーする必要が
あります。

セカンドの特徴として
あげられるのは
ファーストとの距離が
近いため送球比較的
送球の距離が近くなって
いることです。

だからと言って
肩が弱くてもいい
ということはありません。
何故ならば
1塁寄りの打球に対しては
進行方向のまま送球をすることが
できるため送球がしやすいですが
2塁方向への打球の場合
捕球後進行方向と反対の方向へ
送球をしなければいけないので
送球がとても難しくなります。

そのため
無理な体勢からでも
強い送球を投げることが
できるボディーバランスや
地肩の強さが求められてくるでしょう。

もちろんうまい2塁手は
2塁寄りの打球であっても
最初から送球を意識して
良い体勢で捕球を行うことが
できるため
安定した送球を行うことができます。

2塁手は
守備範囲も広くなければ
いけませんが
そのほかにもやらなければ
いけないことが
たくさんあります。

例えば
1塁へのカバーや
バントへの対応
中継プレー
さらにはダブルプレーの際も
プレーに関わってきます。

その為
ランナーがいる時には
ほとんど全ての打球に
対して役割があり
それぞれの状況
・アウトカウント
・塁状況
・試合展開
・打球
によって
様々な動きをしなければいけません。

こうしたことを考えると
セカンドとして
求められる能力は
・基本的な守備力
・瞬時の判断能力
・複雑なプレーをこなす技術
・様々なプレーに対応する為の脚力
が必要になってくるでしょう。

プロ野球の世界を
見てもセカンドを守る選手は
名手と呼ばれることが多く
特に最近はセカンドに
良い選手がたくさんいる印象があります。

広島の菊池選手
ヤクルトの山田選手
楽天の浅村選手
巨人吉川選手など
国際大会では誰がセカンドに
ついても楽しみな選手ばかりです。

次回はバントへの
対応や1塁へのカバーリングなどについて
お伝えをしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です