ポジション別の守り方~サード中級編~


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

前回はサードの守備の特徴などに
ついてお伝えしていきました。
今回はサードの守備の具体的な
動き方のポイントをお伝えしていきます。

サードとして
活躍するにはバントの処理を
無難にこなせることがまず
第一条件となるでしょう。

まずランナー1塁のバントについて
考えていきます。

ランナー1塁で相手の作戦が
バントだと考えられる時
守備側として考えなければ
いけないことは
相手が実際にバントをしてくるか
それともヒッティングをしてくるか
ということです。

ランナーがいる場合
サードはセーフティーバントを含め
常にバントを警戒しておく
必要がありますが
バッターは最初からバントの構えを
している場合とバントの構えをせずに
バントをしてくる場合とがあります。

まずバントの構えをしている場合は
ある程度前進しておき
ピッチャーの投球モーションに合わせて
バントの打球を処理するように
ホーム側へダッシュする必要があります。
この時少しファール側から
回り込むように走ると
2塁や1塁へ送球がしやすくなります。

実際にバントをしてきた場合
まずは2塁を狙うことを
忘れては行けません。
そのまま1塁へ投げれば
1つアウトが取れるのですが
相手がやりたいことをやらせないのが
野球で勝つための鉄則です。

そのための判断材料として
ランナーの走力
バントの強さ
そして自分の肩の強さなどが
あります。
これらを事前に頭に入れておき
実際にバントをしてきたら
ランナーの動きも視野に入れながら
判断をしていきましょう。

次にバッターがバントの構えから
ヒッティングに切り替えてきた時です。
こうしたケースの場合は
ある程度前進をしてしまっていますが
バットをバントからヒッティングに
切り替えた瞬間にその場でストップし
打球に備えるようにしましょう。

そうして打球が飛んできたら
迷わず2塁へ送球をしましょう。
エンドランの場合であっても
打球が強ければさせる可能性が
あるので頭に入れておきましょう。

バントの構えをしてこない場合は
大胆にバントシフトとして
前進をすることは難しいですが
ある程度前進しておき
モーションに合わせてバッターが
バントの構えを見せれば
全力でダッシュをしていきましょう。

そして最も難しいのが
ランナーが2塁にいる時の
バント処理です。

まず頭に入れておくべきことは
1,2塁の場合は3塁は
フォースプレー
2塁のみの場合は
タッチプレーになるということです。

このケース相手がバントをしてくる場合
セオリーは3塁線にバントをし
サードに打球を捕らせることです。

そうすることで
サードに誰もいなくなるので
2塁ランナーが確実に3塁へ
進塁することができるからです。

しかしバントが三塁線に転がらず
ピッチャーやファースト、
もしくはキャッチャーが打球を
捕ることができた場合サードは
先ほどのように3塁ベースにつき
塁状況に応じてフォースプレー
もしくはタッチプレーをする必要が
あります。

これの何が
難しいのかというと
バントの打球を一瞬で
判断する必要があるということです。

もし三塁線に綺麗にバントが決まった場合
サードが取りに行かなければ
バッターランナーもセーフになってしまいます。

反対にサードが捕るべきではない
打球にも関わらず打球をおって
前進してしまうとせっかく殺せる
2塁ランナーを刺すための送球を
誰も受けることができなくなってしまいます。

こうした状況は何回も
反復練習をこなすことで
判断力が磨かれていきますので
状況を想定しつつ練習を重ねていきましょう。

またセーフティーバントの
可能性もあるので
三塁手はバントの有無に関わらず
常に一歩目は前に踏み出すようにしておきましょう。

バントをされた時も
一度はダッシュしておき
自分の捕るべき打球ではないと
判断できたら焦らずに3塁に戻り
フォースプレーもしくはタッチプレーに
備えましょう。

こうしたプレーをミスなく
行うことができれば
失点を最小限に抑えることが
できます。
逆にミスが出てしまうと
そこから大量失点の可能性も
あるので大切な試合で確実に
アウトを取れるように
何度も繰り返し練習を
行なっていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です