ポジション別の守り方~サード初級編~


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

今回は三塁手=サードの
守備の特徴や動きなどについて
お伝えしていきます。

まずサードの守備位置は
下図の通りです。

基本的には3塁ベース付近に
守っており打球に応じて
前に出てゴロをさばいたり
後ろに行ってフライをとったり
三遊間の打球にも対応する
必要があります。

サードの特徴は内野の中でも
ファーストまでの距離が遠いことです。
そのためある程度強い肩と
正確な送球が求められる
ポジションでもあります。

また逆に打者からの距離は
近いというのもサードの特徴です。
距離が近いことで
右バッターが思いっきり引っ張った
打球が勢いよく飛んでくるため
それにうまく反応し打球を捕球する
もしくは打球を体で止める必要が
あります。

特に三塁線の打球は
一塁手の一塁線と同じように
もし止めることができなければ
長打となってしまい可能性が
あるので早い打球にも瞬時に反応する
反射神経と集中力が試されます。

こうしたことから
考えるとサードを
守る選手というのは
チームの中でも比較的
守備が上手い選手が
選ばれることが多いでしょう。

しかしサードはショートやセカンドに比べると
複雑な動きが少なく
また守備範囲もそこまで広くはないため
ある程度の身体能力があれば
是非とも挑戦をしてほしいポジションでもあります。

肩に自信がないという選手は
サードをできないと
思っているかもしれませんが
決してそんなことはありません。

もちろん
三塁線の打球を捕った時は
素早く力強い送球が求められるため
肩が強いに越したことはありませんが
三遊間寄りの打球や前に出る必要がある
打球の場合
打球を追いかけていく方向と
送球をすべきファーストの方向が
近いため打球を追いかける力を
うまく利用すれば力強い送球を
することができます。

また打者との距離が近いということは
打球が飛んできてから捕球するまでの
時間が他のポジションに比べて
短いということでもあります。

つまりそれだけファーストに送球を
するまで余裕はあるということです。

その余裕をしっかりとした
ステップをふむ時間に当ててあげることで
ある程度肩の弱さをカバーすることができます。

私の考えでは体が大きくて
動きが遅いという理由で
ファーストを守っている選手でも
練習をすればサードは守れるように
なると思います。

上のレベルで野球を
やりたいと考えている
ファーストの選手は
是非ともサードに挑戦をしてほしいと
思います。

なぜならば
上に行けば行くほど
バッティングが良い選手は
たくさんいます。

そうした時に
ファーストしか守れなければ
競争率がとても高くなってしまい
監督としてもバッティングだけでは
起用しづらいでしょう。
(プロ野球でいえば助っ人外国人と
一塁手を奪い合うようなものです)

しかしサードを守ることが
できれば選択肢は大きく広がります。
是非自分の可能性を広げるためにも
サードの挑戦していきましょう。

次回はサードの守り方について
お伝えしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です