ポジション別の守り方~ファースト上級編~


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

今回はファーストのプレーの
上級編として
ダブルプレーなどについて
お伝えしていきます。

ランナーが1塁にいる場合は
1,2塁においても
ダブルプレーのチャンスです。

この時ファーストの打球が飛んできた
場合は2つの選択肢があります。
それは先にファーストベースを踏み
そのあと2塁に送球をしてダブルプレーを
とる3-6のダブルプレーと
捕球してのち先に2塁へ送球をしてから
1塁に送球を行う3-6B-3Aもしくは3-6-4Aor1A
のダブルプレーです。

この判断は
打球を捕球した位置で
考えましょう。

ベース付近でボールをとることが
できればそのままベースを踏んで
1塁をフォースアウトにしてから
2塁へと送球を行います。
この場合2塁はタッチプレーになるので
ベースを踏んだということが
2塁にいる選手にもわかるように
「タッチ!」などの声がけをしながら
送球を行いましょう。

1,2塁間の打球など
ベースから離れたところで
ボールを捕球した場合は
1塁に戻ってしまうと
ランナーが先に2塁へ到達してしまうので
先に2塁に送球をし1塁ランナーを
フォースアウトにします。
その後捕球をしたショートが
1塁ベースへカバーに入った
セカンドもしくはピッチャー
(自分が戻れる場合はファースト)
へ送球を行いバッターランナーを
アウトにします。

打球がファーストの
前に弱く飛んできた場合も
2塁にランナーをなるべく進めたくは
ないのでダブルプレーはとれなくても
2塁でフォースプレーが捕れそうであれば
2塁へ迷わず投げましょう。
ランナーが見えずらければ
キャッチャーがどこに投げるかを
指示してくれるはずです。

満塁の場合は
基本的にはホームゲッツーを狙います。
一般的な捕ってからホームに送球し
3塁ランナーをフォースアウトにし
その後1塁へベースカバーに入った
2塁手へ送球をして
バッターランナーをアウトにする
3-2-4Aのダブルプレーもありますが
強い打球を1塁ベース付近で
捕球した場合は先に1塁ベースを
踏んでからホームへ送球し
タッチプレーを行う3A-2Tの
ダブルプレーもあるので
頭にいれておきましょう。

最後にポジショニングです。

ポジショニングは
打者によって変える場合も
多いですが基本的には
一塁線を最も警戒しておきます。

なぜならば1,2塁間を抜かれても
単打になることがほとんどですが
1塁線を抜かれてしまうと
長打になってしまう可能性が
高いからです。

だからこそ
一塁線に打球が飛んできたときは
何が何でも後ろに逸らさないように
体をいれて回り込むようにしましょう。

また2死ランナーなしの場合
長打警戒として特に一塁線よりに
深く守る必要があります。

なぜならば
ランナーがいない場合は
仮に1塁線によったことで
1,2塁間を抜かれても単打となり
2死1塁となるだけです。
2死1塁の場合
盗塁もしくは長打を打たない限り
得点をすることは難しいでしょう。
しかし長打となると次のバッターの
ワンヒットで得点を与えてしまう
可能性があるので注意が必要です。

つまり単打であれば
3ヒットが最低でも必要ですが
長打であれば2ヒットで
得点を許してしまう可能性があります。

野球は3割打てば
良いバッターと呼ばれるほど
投手有利のスポーツです。

連打はあっても
3連打は確率的に
かなり低くなってきます。

以上のことから
1,2塁間にヒットを打たれてしまう
リスクよりも
1塁線を抜かれてしまうリスクが高く
連打の確率はとても低いので
これらの状況の場合は
一塁手は長打警戒として
深く1塁線を守るようにします。

1塁ランナーがいる場合は
盗塁の可能性があるので
1塁ベースについておき投球後
一塁線を警戒しておきましょう。

以上が基本ときな
ファーストの動きです。

外野に打球が飛んだ場合は
バッターランナーの
触塁の確認や中継プレーなどが
絡んできますのでまた機会があるときに
お伝えできればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です