ポジション別の守り方~ファースト中級編~


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

前回はファーストの守りの初級編を
お伝えしました。

今回はもう少し踏み込んだ内容で
ファーストの守りについて
お伝えしていきます。

まずフライを捕る範囲

最低でもこの赤く記したゾーンは
打球を追うようにしましょう。
特にマウンド付近やホームベース寄りの
打球は誰が追うのか迷った結果
誰も捕りに行かないという
「お見合い」の状態になりやすいので
声がけをしつつもまずは打球が
上がった瞬間に
追いかけにいきましょう。

次にバント処理
一塁ランナーがいる
場合のバント処理は
基本的には投球と同時に
ホーム側へダッシュをします。

打球がファースト側にきた場合
バントが強ければ2塁に投げれば
アウトにできる可能性があるので
念頭に入れつつ間に合わない
もしくは点差などを考えて
無理をする必要がない時は
1塁ベースに二塁手が
カバーに入っているので
1塁へ送球を行います。

注意すべき点は
ファーストランナーがいるので
あまりにも早くバントに備えて
ダッシュをしてしまうと
1塁ランナーに大きなリードを
取られてしまい盗塁をされてしまったり
盗塁されなくてもバントをされて時に
簡単に2塁に行かれてしまったり
バスターをされてしまう可能性があるので
いつでもピッチャーが牽制ができるように
1塁ベースにいて十分にランナーを
引き付けてから投手とタイミングを
合わせてダッシュを行いましょう。

もちろんダッシュをした時に
バッターがバントの構えからヒッティングに
切り替えた時はその瞬間ダッシュをやめて
ストップをし打球に備えます。

ランナーが2塁にいる時のバントは
1,2塁か2塁ランナーのみの時で
少し動きが変わります。

基本的にはダッシュの動きは
変わらないのですが
2塁ランナーのみの場合は
1塁についている必要がないので
相手がバントの構えを見せていれば
大胆に最初から前進しておきバントに
備えることができます。
バントが自分のところにきた場合は
3塁へ送球を行うので
ファーストにとってはダッシュの方向と
送球方向が近いので勢いよく投げやすいです。

ですがここではタッチプレーとなるので
微妙なタイミングではある程度の
ギャンブルも必要になってきます。

上手く2塁ランナーを
3塁でアウトにすることができれば
一気にピンチを防ぐことが
できますが
3塁へ送球をした結果
セーフになってしまうと
3塁に進まれるどころか
アウトカウントも稼ぐことができないので
一気にピンチが広がってしまいます。

そうした状況を防ぐためにも
正確な送球とダッシュのタイミング
どのタイミングならアウトにできるのか
を練習で確認したり
2塁ランナーの足は速いのか?
ということをあらかじめプレーの前に
頭にいれておく必要があるでしょう。

1,2塁の場合は
1塁ランナーも気にしなければ
いけませんが
2塁ランナーがいるので
盗塁の心配は低いと言えるでしょう。
その分少し前にせめて構えて
おくことができます。

またバントがきた場合
3塁はフォースプレーになるので
タッチプレーよりもかなりアウトに
できる確率が上がります。
ただ相手もそれがわかっているので
基本的にはこの場合のバントの
セオリーは3塁側に転がし3塁手に
ボールを捕らせることです。

何故ならば
3塁は2塁ランナーを
フォースプレーもしくは
タッチプレーでアウトにするために
3塁で待っている必要があり
前に出ることができないからです。

一塁手はそれを頭にいれて
ダッシュを行う必要があります。
そうすれば多少3塁側に
転がったバントであっても
ファーストが上手くダッシュできれば
そのまま捕球して3塁で
アウトにできる可能性があるからです。

もちろんファーストがわに
バントをしてきてしまう可能性もあるので
打球判断はしっかりと行いましょう。

次回はダブルプレーなどについて
お伝えいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です