大会で高いパフォーマンスを発揮するために


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

3月も中盤に入り
そろそろ野球シーズンが
開幕してきました。

プロ野球も開幕が控えていますが
高校野球や中学野球も
大会が始まってくる頃です。

プロ野球の場合は長いシーズンを
戦う必要がありますが
アマチュア野球の場合
そうした大切な大会はシーズンが
決まっているため
その大会に向けた体の調整を
ある程度計画立てて行うことが
可能です。

その方法と考え方を
今回はご紹介していきます。

まず知っておいていただきたいことは
筋肉の性質です。
筋肉には速筋と遅筋というものが
存在します。

簡単に説明すると
遅筋が持久力的な筋肉で
速筋が瞬発的な筋肉です。

野球は投球にしろ
打撃にしろ瞬発的に
力を出す必要があるので
速筋が必要となってきます。

そのため
筋トレなどのトレーニンングは
基本的には速筋を鍛えるための
トレーニングであることが多いです。

ここまでは知っている
という人も以外に多いのではないでしょうか?
ですがこの速筋にもタイプが
2種類あることはご存知ですか?

遅筋は赤筋と呼ばれますが
速筋はピンク筋と白筋と呼ばれる
2つのタイプがあります。

この2つの筋肉を簡単に説明すると
白筋が最も瞬発的で爆発的な力を
引き出す筋肉でピンク筋が
赤筋と白筋の中間的な役割となります。

この2種類の速筋は
調整方法によって行ったり来たりを
繰り返します。

つまり大会でベストパフォーマンスを
するためにはこの速筋のうち
白筋のタイプになっている時を
大会期間にぶつけて行けばいいわけです。

ではどのようにして
この白筋とピンク筋の行き来を
調整するのかを説明します。

まず高負荷をかけた
ウエイトトレーニングなどは
筋肉を肥大させるための
トレーニングとなります。

適切な頻度、種目、時間、負荷、休養を
与えることで徐々に筋肉は成長していきます。
これはどちらかというとピンク筋を鍛えている段階です。
この段階のパフォーマンスは長いスパンで見れば
成長していきますが、ピンポイントで
パフォーマンスを考えるとパフォーマンスを
下げている期間もあります。

こうした段階から白筋へと移行させる方法は
瞬発的なトレーニングです。
ダッシュ系のトレーニングや
瞬間的に力を発揮させようとする
いわゆるキレを意識させた
トレーニングを行うことで
蓄えたピンク筋が白筋肉へと
移行していきベストパフォーマンスを
発揮できる状態へとなっていくのです。

ここまで聞くと
当たり前のようにやっている
と感じる選手もいるでしょう。

冬になれば
きついトレーニングで
大会が近づけば
負荷が軽くなりダッシュが増える
というのは何年も野球を
やっている選手からすれば
当たり前と感じることでしょう。

しかしこの白筋はずっとそのまま
白筋ではなく時間が経てば
ピンク筋に戻ってしまいます。

なので
きついトレーニングから
負荷を下げてダッシュ系に切り替えていく
タイミングがとても重要なのです。

目安としては
ピークを迎えたい
2週間ほど前くらいから
負荷を徐々に下げていくことが
良いでしょう。

こうして理屈を知っていると
知っていないとでは
練習に取り組む姿勢も変わってきます。
ただ冬はきついと思うのではなく
春の大会に向けてベストを持っていくために
必要なことだと認識しているため
目的や意図を持って練習を行う事が
できます。

これから
大会を迎えるという選手も
暖かくなってきたから
練習を緩めていくのではなく
大事な大会がまだ先に
控えているのであれば
もう少し辛抱して負荷をかけた
トレーニングを行い
大会の直前から負荷を下げて
ベストパフォーマンスを引き出すように
コントロールしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です