肩まわりのストレッチの重要性


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

前回はスタッティックストレッチと
ダイナミックストレッチについて
お伝えしていきました。
今回は肩まわりについて
お伝えしていきます。

肩まわりは
投手野手関係なく
しっかりとストレッチをしておかなければ
怪我に繋がってしまいます。

ではどのタイミングで
やればいいのかというと
やはり練習前です。

ただしその方法は
前回もお伝えした通り
動的なストレッチや
ストレッチポールなどを用いた
ストレッチが良いとされています。

なぜならば
特にピッチャーは
肩まわりの筋肉をストレッチにより
緩めすぎてしまうと
球速が一時的にダウンしてしまうからです。

その為
試合前などは
肩まわりを重点的に
動かすようなストレッチや
筋肉に刺激を軽く与えるような
チューブを使ったストレッチが
良いでしょう。

ただしやはりそれだけでは
肩まわりの可動範囲を広げることは
難しいので別時間にたっぷりと
可動範囲を広げるようなストレッチを
するべきです。

特に小学生や中学生は
まだまだ骨格も出来上がっていない為
怪我をしやすい体です。

そうした選手の場合は
キャッチボールをする前であっても
かなり長めにストレッチをして
可動範囲を広げることを
トレーニングとして行なっても
良いのではないかと私は思います。

それが結果的に
長い目で見れば
球速アップや遠投の距離が
伸びることに繋がり怪我を防ぐことも
できるからです。

チームによっては
練習時間が短く
ストレッチをしている時間が
もったいないと感じてしまう
かもしれません。

その為可動範囲を広げるストレッチは
各自家でやってくるようにと
してしまうこともありますが
小学生や中学生では継続して
自主的にやることは個人レベルではできても
チーム全員でとなるとやってこない選手も
出てきてしまうでしょう。

自己責任と言ってしまえば
それまでですが
指導をする以上怪我をしてしまえば
それは選手ではなく指導者の
責任です。
もちろんどんなに注意をしていても
怪我はしてしまうものですが
相手が小学生や中学生だということを
考えればそれに対応した練習メニューを
組むべきです。

時間がもったいないと
思うかもしれませんが
将来のためにもチーム練習の場合
アップを行なった後の
キャッチボール前には
肩まわりのストレッチなどを
20分以上とっても良いのではないかと
思います。

(もちろん試合前となれば
パフォーマンスダウンを
避けるために動的なストレッチで
大丈夫です。)

こうした取り組みをせず
キャッチボール
ボール回し
ノック
ピッチングと
球数がかさんでいくことは
技術練習とはいえず
怪我をさせるたの練習にすぎません。

ぜひ個人としても
チームとしても
ストレッチの大切さと
効果や方法を理解しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です