感覚は教わるもの?掴むもの?


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

スポーツの世界では
言葉だけでは伝えきれない
技術や細かい動作がいくつも
存在します。
そうしたものをまとめて
感覚と呼ばれたりしますが
そうした感覚は人それぞれ
違いがあり結果的に
同じことをやっているはずなのに
本人たちの感覚は全く違うということも
大いに考えられます。

ではそうした感覚は
誰かに教わるものなのでしょうか?
それとも自らの力で掴み取るもの
なのでしょうか?

結論から言うと
こうした感覚は誰かから
教わることはとても難しいです。
それは先ほどもお伝えしたように
人それぞれ感覚が全く違うからです。

ではどうすれば
感覚を掴むことができるのでしょうか?

まず1つ目の方法は
反復練習です。
人間は練習をすれば
それを効率よく行おうと
神経が発達していきます。

そうした繰り返しの中で
感覚を掴むことができる
可能性があります。

良く理論的になりすぎて
効率や結果を早く求め
過ぎてしまう選手がいますが
そうした選手は頭だけで
実際に体を動かさなければ
感覚を掴むことができません。

ただここで
注意をしなければいけないことは
練習をただ繰り返せば
良い感覚をつかめるわけでは
ないと言うことです。

なぜならば
正しい動作を頭に入れた上で
反復練習をしなければ
間違った動作を繰り返し練習してしまうため
間違った動作の感覚を掴むことに
なってしまうからです。

つまり感覚を掴むためには
練習量だけにもならず
頭だけにもならず
頭を使って論理的に練習を繰り返すこと
が大切になってくるのです。

次に2つ目の方法は
感覚が似ている人から
アドバイスをもらう方法です。

最初に感覚を誰かから
教わることは難しいと話しましたが
選手の中には自分と似たような
感覚を持つ選手も多くいます。

そうした選手の
感覚やイメージを聞き
試してみることで
感覚を掴むことができます。

これはどちらかと言うと
上級者の感覚の掴み方です。
野球を始めたばかりの選手の場合
感覚だけの指導になってしまうと
その感覚自体が全く伝わらず
意味のない指導になってしまう可能性が
高いです。

しかしながらある程度
野球をやって行くと
感覚やイメージは共有しやすく
なってきます。

例えば
「フライを打つイメージ」
と言われても初心者には
フライを打つ感覚はまだ
わからないかもしれません。
しかしある程度野球をやっていれば
フライを打つイメージと聞けば
だいたい同じようなイメージを持つことが
できるでしょう。

こうしたイメージの共有は
レベルが上がっていけばいくほど
より細かいレベルでのイメージの
共有をすることができるでしょう。

私も経験がありますが
小学生の頃に教わった
感覚やイメージが
高校生や大学生になって
初めて理解できてくることもあります。

では自分と似た感覚の持ち主を
どのようにして見つければ
いいのでしょうか?

その方法はひたすら感覚を
聞いて試して行くしかありません。

プロ野球のトップレベルを
目指す選手たちも同様に
オフシーズンなどに
一流選手に会う機会があれば
一つでも良い感覚をつかもうと
質問を繰り返しその感覚を試しています。

もちろん自分に合わないと思うことも
あるそうですが
それでも一度は試してみるそうです。

そうした繰り返しの中で
自分にマッチする感覚を共有できた時
突然活躍しだすということが
良くあります。

なのであなたも
もしプロ野球選手や
レベルの高い選手に
会う機会があれば
思い切って色々と質問を
して行くようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です